Twitterが後で読む機能を開発中どんな形になるのか?

Twitterが「後で読む」機能を開発中、どんな形になるのか?

Twitter上で目にしたツイートを後で読めるようにするために、多くの人がリツイートやいいね、あるいはダイレクトメッセージ機能を使っています。
しかし、リツイートやいいねは他の人の目に触れさせたくない時には使いづらいという点があるのも事実。
そこで、新たにTwitterが「後で読む」に当たるブックマーク機能を開発していることがわかりました。

Twitter developing ‘Save for Later’ feature to easily, privately bookmark tweets | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2017/10/09/twitter-developing-bookmark-tweets-feature/

TwitterのプロダクトマネージャーであるJesar Shahさんは2017年10月9日に「みんな(特に日本のユーザー!)は、簡単かつ個人的に、後で読む用にツイートを保存できる機能が欲しいって言いますよね」ということで、「SaveForLater」という新機能の存在をアナウンスしています。


SaveForLaterがどんな機能なのかは、プロトタイプ版を紹介する以下のムービーを見ると確認可能です。


各ツイートの右下にあるメニューボタンをタップ。


すると「Share via DM(ダイレクトメッセージで共有する)」の上に「Add to Bookmarks(ブックマークに追加)」というバーが現れるので、タップ。


画面下部に「Added to Bookmarks(ブックマークに追加しました)」と表示されました。
この右端をタップすることでもブックマーク一覧を見ることができそうですが……


ムービーでは画面上部にある左向きの矢印をタップ。


メニュー欄にある「Bookmarks」を選択すると……


以下のような形でブックマーク一覧が表示されます。


記事作成時点のSaveForLaterは初期のプロトタイプで、今後の改良のために、多くの意見を得られるよう上記ツイートのシェアや、ユーザーのフィードバックを求めているところとのこと。
「#SaveForLater」のタグを付けて呟くことで、フィードバックを送ることができます。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事