まさかのミニゲームボーイありえる? 任天堂の商標出願から読み解く

出たら、やっぱり買うんだろうなぁ。

先日は「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売され、予想通り大好評だった任天堂の「ニンテンドークラシック ミニ」シリーズ
その末っ子として、「ニンテンドークラシックミニ ゲームボーイ(以下、ミニゲームボーイ)」が登場する…可能性があるかもしれませんよ?

今回の情報は、Twitterアカウントの商標速報botのツイートから判明したものです。
任天堂株式会社が2017年9月15日に提出した上の商標画像は、まさに初代ゲームボーイそのもの。
あの無骨で重量級な本体の質感が思い出されますね。

ところで、この商標出願がほぼ確実にミニゲームボーイの存在を裏付けている…とまでは言い切れないのが実情です。
なにせ、任天堂は単純に初代ゲームボーイのデザインの権利を保護したかったという可能性もありますからね。
しかし同社のレトロゲーム機が次々とニンテンドークラシック ミニシリーズとして復活している現状を考えると、なんとも意味深な商標出願であることも確かです。

これまでにファミコンやスーパーファミコンが登場したニンテンドークラシック ミニシリーズですが、さらに楽しみなことに「ニンテンドークラシックミニ NINTENDO64」を連想させる商標出願も発見されています。
ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、NINTENDO64まで復活したら、もう一生遊び続けられそうな気がしますね!

あ、そういえば「ゲームボーイアドバンス」のニンテンドークラシック ミニ版は登場しないのかなぁ。

Image: Benjamin B / Shutterstock.com
Source: Twitter

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事