スキージャンプ女子の高梨沙羅選手が、平昌五輪シーズンで合宿開始。

しかし、韓国が高梨沙羅選手を強烈バッシング。

一体どうしてでしょうか。

 

 

スキージャンプ選手・高梨沙羅に期待大

スキージャンプ女子の高梨沙羅選手、平昌五輪シーズンに向けてスロベニアで単独合宿を始めました。

しかしそんな高梨選手に対して韓国ではバッシングが起こっているそうです。

 

高梨選手は平昌五輪シーズンでの金メダル獲得のために、合宿で念入りに体力調整。

ここまで念入りにしているのは初めてのことだそうで、よほど力を入れているのだなと思われます。

関係記者はこのように語っております。

 

「夏場の合宿では持久力アップに重点を置き、今回は瞬発力の強化が目的です。

高梨の弱点はスタミナで、連戦になると体力が落ち、同時に成績も悪くなってしまいます」

 

自分の弱点をカバーするために今から気合が入っていますね!

高梨選手の故郷である北海道上川町は、“日本一のラーメンの町”を謳っており、高梨選手に観光アピールをひと役買ってもらおうというプランが出ているそうです。

関係記者はこのように語っております。

 

「オリンピックで金メダルを獲れば、高梨はさらに知名度が上がり、大手企業のCMなどに起用されるようになるでしょう。

そうなると、上川町の町おこしは実現不可能になってしまいます。

だからといって、オリンピック前では競技に集中しているため、町おこしどころではありません。
タイミングは非常に難しいでしょう」

 

そうはいっても実際、高梨選手の中でも、故郷に貢献したいという思いがあるのではないでしょうか。

そんな高梨選手ですがお隣・韓国からの評判が悪いと噂されております。

韓国メディアは高梨選手を強烈にバッシング

なんと韓国では、今年8月のグランプリジャンプ第2戦で、高梨選手が体重不足による失格となったことをいまも報じ続けているようです。

なんでも高梨さんが発した「思ったよりも暑くて予想以上に汗をかき、体重が減った」という日本メディアへのコメントを引用し、

《(現地気温の)25℃はそんなに暑くない。
わが家のエアコンも25℃だが、涼し過ぎるぐらいだ》《肉汁のようにダラダラと汗を流したのかな?》と、皮肉っているそうです。

これはしつこいですね~。
一体なぜこんなに噛みつくのでしょうか。

関係者はこう語ります。

「バッシング報道は韓国側の嫉妬があるためです。

今回の平昌五輪では、韓国史上初の女子ジャンプ選手が出場権を獲得したところで、同選手の応援特集を組むと、どうしても高梨のこれまでの偉業に触れることは避けられません。

高梨との実力差を痛感しているので、初出場でも盛り上がらないのです」

メダル有力選手だけに、平昌五輪まではさまざまなヤジが飛んできそうですね…。

いずれにせよ嫉妬されるのは有望視されているからこそ。

ノイズは気にせず、競技に集中していただきたいですね!!