ファーウェイはスマホメーカーとして異色の存在だった 中国本社で語られた独自の強みには期待できそう

Mate 10もこだわり抜いてくれそう。

昨年、業界のトレンドを先取りする形でダブルレンズカメラを搭載したミドルグレードスマートフォン「P9」を発売、ドイツの老舗カメラメーカー・Leica(ライカ)との共同開発だったこともあって注目を集めたメーカー・Huawei(ファーウェイ)。
ファーウェイ製品は手に取ったときの質感も良く、「中国=安かろう悪かろう」はもはやステレオタイプだって思わせてくれます。
グローバルで成功しているスマホメーカーでもあり、今年の6月〜7月には売上でAppleを抜き世界第2位になってたりも。

実は今回、そんなファーウェイの中国・深圳(シンセン)の本社でグローバルのエグゼクティブにインタビューし、上海の研究施設を訪問・取材するチャンスを得たので、最近魅力的な製品を出せている理由を探ってきました。

8EB7AE61-BCBD-4D8F-8B46-626D6F57D9B9
ファーウェイ本社エントランス。
深圳の一角が丸々ファーウェイの敷地になっており、大学のキャンパスのようです。
建ち並ぶビルは超豪奢、大企業なんだなぁ Photo: ギズモード・ジャパン
1CE1A1AC-0645-4CD9-AF3E-AB6DF83C3C8D
お出迎えしてくれたみなさん、美女揃いです Photo: ギズモード・ジャパン

「ネットワークに適したデバイスを作れる」のがファーウェイ独自の強み

767D7738-126D-4DD8-84AD-272A031074CA
マーケティング&セールス部門のPresident、Jim Xuさん Photo: ギズモード・ジャパン

まずは、グローバルトップ3のエグゼクティブ・Jim Xuさん(President, Marketing and Sales Service, Huawei Consumer Business Group)のインタビューから。

── 最近、ファーウェイの製品はぐっと良くなったと感じています。
どんな経緯で今のような製品が作れるようになったんですか?

Jim Xu:以前はOEMでスマートフォンを製造・販売していたのですが、5年前に自社ブランドでの開発・製造に切り替えました。
そのときに、次の3点を重視したんです。

1つ目は製品品質を保証すること、2つ目はアフターサービスを強化することです。

3つ目はほかのAndroidメーカーとの差別化
P9ではライカとパートナーシップを組み、カメラの品質を格段に上げることに成功しました。
また、デュアルSIMに対応し、長持ちするバッテリーを搭載するなど、基本的なことをしっかりやってきました。
今年は世界初のAI対応チップセットを発表しましたが、高い技術力でほかのメーカーに勝つことを目標としているんです。

── ファーウェイはもともと事業者向けに通信インフラ機器を製造・開発・販売する会社ですよね。
コンシューマ向けにスマートフォンを作って売るのは、大変だったのではありませんか?

Jim Xu: ファーウェイはスマートフォンメーカーとしてはユニークな存在かもしれませんね。
スマートフォンとネットインフラを同時に手がける会社は珍しいはずです。
Apple(アップル)やSamsung(サムスン)、ソニーとの一番のちがいでしょう。

10年前、4Gネットワークを手がけていたファーウェイは、「どうやってカスタマーにモバイルネットワークを使ってもらうか?」という大きな課題に突き当たりました。
その解決策は、ドングルのデータカード(編注:USB接続のモデム)を発売することでした。
これが大ヒットし、ほぼ寡占状態になったんです。

これから5Gの時代に突入しますが、同じように市場に受け入れられる端末を作り出して、いかに5Gネットワークに移行させるかが重要になってきます。
ファーウェイには通信技術の蓄積があり、先行もしています。
そうした蓄積との相乗効果・シナジーを利用して世界をリードしたいですね。

コンシューマにVoLTEや動画、ビッグデータ、ゲーム、クラウドストレージをきちんと使ってもらうためには、まずネットワークをきちんと作り、それに合わせてデバイスを作らなくてはいけません
そうすることで、最高のユーザーエクスペリエンスを提供できると信じています。
そして、これがまさにファーウェイがほかのメーカーさんと差別化できる点、独自の強みです。

ファーウェイでは、デバイスもネットワークインフラも、同じようなラボで作り、試験をしています。
CPUやGPU、画像処理、バッテリーの開発はネットワークの研究開発と連携を取って行なわれるので、相乗効果を起こしやすいんです。
ネットワーク側の成果を端末側でも生かせるようになっています。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事