来年くるかも…? 噂を元に作られたiPhone X Plusのレンダリング画像

登場が待ち遠しい。

11月3日発売の発売を目前に控える「iPhone X」。
待ち焦がれている人も多いのではないでしょうか? そんな最中、今までの噂を元に作られた「iPhone X Plus」のレンダリング画像がネットで公開されましたよ! 画像を作成したのはApple(アップル)製品関連の情報をまとめているiDROP NEWS。
え? 一見iPhone Xとの違いがわからない? よく見てください。
iPhone Xのディスプレイサイズ5.8インチに対し、iPhone X Plusは6.4インチになっているのです。

20181006-iPhone-X-Plus-2
Image: © 2017 iDrop News. All rights reserved. via iDROP NEWS

以前、The Korea Heraldが「2018年に登場する新型iPhoneには6インチ以上の大型液晶ディスプレイが搭載される」と報じており、Appleが5.28インチ、5.85インチ、6.46インチの3つの有機ELディスプレイ搭載モデルを準備しているということが噂されていました。

その後、5.28インチモデルの計画は中止になったと言われているものの、この6.46インチモデルの準備は引き続き進められており、これがiPhone X Plusに該当するだろうと期待されています。

ここで気になってくるのが、6.3インチでベゼルレスに近いディスプレイを搭載したSamsung(サムスン)のファブレット「Galaxy Note 8」との差別化
そこで、iDROP NEWSの予想によると、iPhone X Plusがこのライバルに対抗するには、RAMをiPhone Xの2倍となる6GBにするか、もしくは4GBにしてOSのほうで最適化を図り、実測スピードを向上させる必要があるとのことです。
また、iDROP NEWSは、iPhone X Plusは1099ドル(約12万4800円)から登場するのでは?と踏んでいます。
個人的には、もう少し高くなるのではという気もしているのですが…。
ちなみに、Galaxy Note 8の価格は929.99ドル(約10万5200円)。

今回の情報はあくまで予想であるため、果たして本当にAppleが6.4インチのiPhone X Plusを準備しているのかどうかはわかりませんが、本当だとすると、iPhone X Plusも同じくファブレットと呼ばれることになるのでしょうか…? あと、Appleが6.3インチに舵を取り始めると、他社メーカーも同じ方向に進んでいくことが予想できますので、スマホの巨大化トレンドは今後も続くことになりそうですね。

Image: iDROP NEWS
Source: iDROP NEWS via 9to5Mac, The Korea Herald

(Doga)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事