次期iPad ProはiPhone Xと同じく顔認証機能Face IDを採用との情報

次期iPad ProはiPhone Xと同じく顔認証機能Face IDを採用との情報


iPhone Xで新たに採用された顔認証機能「Face ID」を、Appleは新型iPad Proにも採用するのではないかという情報が出ています。

KGI: iPad Pro upgrade will likely gain Face ID from iPhone X | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2017/10/09/kgi-ipad-pro-face-id-iphone-x/

Apple製品に関する的確なリーク情報で知られるKGI証券のアナリスト・ミンチー・クオ氏が、信頼できる情報筋から「次期iPad Proで、iPhone X同様のFace IDが採用される可能性がある」との情報を得たとのこと。
iPad ProはタブレットiPadシリーズのフラッグシップモデルで、他のiPadと差別化を図るため、TrueDepthカメラとFace ID機能を搭載すると見られています。

iPhone Xのコンセプトを共有するiPad Proのデザイン案がすでにデザイナーによって作成されています。


Face ID機能はiPhone 8シリーズにはないiPhone Xだけの独自機能ですが、機能を活用するアプリの開発を促進するためには、iPhone Xだけでなく他の端末にも機能を解放するというのは理にかなっています。
ただし、iPhone Xの製造が難航している原因の一つがTrueDepthカメラを含むセンサーハウジングユニットの部品調達遅延であることから、iPhone XだけでなくiPad ProにまでFace ID機能を開放できるのかは不透明です。

iPad Proの現行モデルは2017年6月に発表されたことから、Face ID採用のiPad Proの登場は早くても2018年モデルからとなりそうです。
TrueDepthカメラだけでなく、ベゼルレスディスプレイを採用するのか、Toutch ID機能を併用するのかなどの詳細は不明です。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事