もはやWindows 10 Mobileには焦点を当てていないとMicrosoft幹部が告白

「もはやWindows 10 Mobileには焦点を当てていない」とMicrosoft幹部が告白


Windows 10 Mobileの開発を主導してきたMicrosoftのコーポレート担当副社長のジョー・ベルフィオール氏が、「もはやWindows 10 Mobileには焦点が当たっていない」と認めました。
Windows 10 Mobileは、第3のモバイルOSとしてAndroid・iOSに対抗することを諦め、ついに終息していくことになりそうです。

Microsoft’s Joe Belfiore says Windows 10 Mobile features and hardware are no longer a focus | Windows Central
https://www.windowscentral.com/microsoft-windows-10-mobile-features-and-hardware-are-not-focus-anymore

ベルフィオール氏がMicrosoftはもはやWindows 10 Mobileの新機能や新端末開発にはフォーカスを当てておらず、AndroidやiOSへのMicrosoftアプリに注力していく方針であることを明らかにしました。
自身の端末もWindows 10 MobileからAndroidへ移行したとのこと。


ビジネス向けにWindows 10 Mobileを導入した企業や個人ユーザーのためのサポートは継続します。


しかし、セキュリティアップデートやバグフィクスなどのであり、OSとしての新機能の開発は終了します。


理由は、開発者支援にも関わらず、Windows 10 Mobile向けアプリが潤沢にはリリースされなかったからだとのこと。
Android・iOSに水をあけられたアプリ数を埋めることができなかったことが敗因だとしています。


Microsoft創業者のビル・ゲイツ氏がWindows 10 MobileスマートフォンからAndroid端末に乗り換えたことを明らかにしていましたが、ベルフィオール氏のツイートから、「Windows 10 Mobileは開発が終了した」と考えてよさそうです。
Android・iOS向けにブラウザアプリ「Microsoft Edge」をリリースするなど、MicrosoftはモバイルOSの二強に対してアプリを提供していく方針に切り替えたようです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事