台湾発の電動スマートスクーターGogoroが日本上陸 シェアサービスも!

いちバイク好きとして純粋に応援したい!

メットインスペースに収納するヘルメットやグローブのサイズ問題、安全性を考えてのチェストガードをどうするのかといった問題はあるものの、オープンプラットフォームで協力企業もどしどしウェルカム。
そんな電動スマートスクーター企業Gogoroが日本に上陸です。
本国の台湾では2015年よりサービスを展開。
車両は販売も行なっており、バッテリーは街中にある充電ステーションでチェッキング&トレーディングできるサービスなんですよ。

DSC_2620
Photo: 武者良太

日本では車両もシェアするサービスとして、石垣島から実証実験を開始するそうです。

同社が展開しているドイツ・ベルリン、フランス・パリのように街中でのサービスインを期待したいところでしたが、今のところこれらの都市では専門スタッフが電動スマートスクーターの場所まで出向いてバッテリー交換をしているとのこと。
んんん、あまりスマートとはいえませんな-。

で、日本では台湾と同様、エリア内に複数の充電ステーションを用意し、24時間いつでもライダーが自由に交換できるサービスとしてとりかかるとのことなのです。

DSC_2597
Photo: 武者良太

給油…じゃなかったバッテリー交換にかかる時間は最短で6秒! まずシートを跳ねあげて、メットインスペースの前にあるバッテリーを引き出します。

gogoro3
Photo: 武者良太

充電ステーションに今まで使っていたバッテリーを入れ、待ち構えていた満充電のバッテリーをえいやっと引き抜きます。

gogoro2
Photo: 武者良太

そしてバッテリーをスマートスクーター側に戻せば作業完了。
2本のバッテリーで100kmは走れるそうですから、充電ステーションのネットワーク次第で効率よく使いやすくなるでしょうね。

DSC_2611
Photo: 武者良太

ハンドル中央には大きなディスプレイがあります。
スピード、時間、走れる距離、バッテリーの充電状況がひと目でわかるレイアウトです。
なお、枠が5分割された2つのバッテリーインジケーターのうち、1ワクぶんが光っている状態で10kmは走れるとか。
石垣島では20km圏内に充電ステーションを配置するとのことなので、全10ワク中3ワクくらいにまで減ってきたら充電ステーションを目指すといいでしょう。

DSC_2613
Photo: 武者良太

充電ステーションの場所も、空車状態のスマートスクーターもアプリで検索することができます。
というかMobikeみたいに乗り捨て自由なんです。

料金などの詳細な情報はまだ煮詰められていません。
しかしGogoroをサポートする住友商事は、沖縄県石垣市の自治体をタッグを組んで今年度中のサービスインを計画しています。

参考までに、石垣島の電動アシスト自転車は24時間約1,800円くらい、装備が無料の50ccレンタバイクで24時間約2,000円ほど。
この価格帯と近いものであることを期待したい!

Image: 武者良太
Source: 住友商事, Gogoro, Mobike

(武者良太)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事