ガレージに入るだけ BMWが自動車向けワイヤレス充電パッドを準備中

これはスマホの充電より実用的かも。

iPhone XやiPhone 8/8 Plusで搭載された、待望のワイヤレス充電機能。
ワイヤレス充電をしてくれるさまざまな家電も続々と登場する予感がしますが、予想外の所から納得のプロダクトが登場しています。
それは、自動車の充電。
The Vergeによれば米国とカナダでの販売に向けて準備中とのことですが、紹介ビデオはかなり胸が高鳴ります。

Video: BMW/YouTube

現在のところはプラグイン式のハイブリッド車、BMW 530e iPerformanceのみが対応車となる予定のようです。
しかし考えてみると、スマートフォンのワイヤレス充電よりも自動車のワイヤレス充電のほうがよっぽど実用性が高いような気がしてきます。

スマートフォンの場合、充電中もデバイスを利用したくなることが多いですが、ワイヤレスの場合は手に持ってしまうと充電は止まってしまいます。
でも車の場合はガレージに入れている間は放置しますよね。
あらゆる場所で充電が必要となるスマートフォンとは違って、車の場合車庫は一つしかありません。
いつも決まったところに駐車するわけです。
でもプラグイン式の充電は特に手間がかかって面倒ですよね。

ビデオを観ると、ワイヤレスになったことで充電が一気に楽になったのがよく分かります。

20170925_BMWwireless3
Image: BWM/YouTube screenshot

ガレージにいれるとき、モニター上で充電パッドの位置を確認して青いサークルをきちんととらえると、緑色になって「ポジショニングに成功しました。
エンジンを切ってください」と表示されます。
慣れればただ車庫入れするだけで充電していることも忘れてしまいそう。

充電パッドのコイルが電磁場を生み出し、それを利用して車内のバッテリーを充電させるという仕組み。
9.4kWhのバッテリーが3時間半で充電できるそうです(3.2kW)。
もちろんアプリで充電状況も確認できます。

20170925_BMWwireless4
Image: BWM/YouTube screenshot

実際に一般ユーザーが購入できるようになるまでは1、2年かかるようですが、自動車メーカーがワイヤレス充電を電気自動車/ハイブリッド車で導入しようとするのは世界初。
もしかしてこれが今後のスタンダードとなるのでしょうか。

Image: YouTube screenshots
Source: BMW/YouTube via The Verge, BMW

(塚本 紺)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事