MITテグマーク教授の新刊『Life 3.0~人工知能の時代に人間であること~』から抜粋 AIの軍事利用を禁止するのはなぜ難しいのか?

人間の手で作られたロボットが自律し、人間を殺す日が近づいているのでしょうか。

21世紀が進むにつれて、映画「ターミネーター」で描かれていたような近未来図が少しずつ現実になりつつあります。
今後人工知能(以下「AI」)が更なる発展を遂げれば、殺人という汚らわしい仕事はロボットに任される時代が来るのかもしれません。

MITの物理学者で「Future of Life Institute(生命の未来研究所)」創始者でもあるMax Tegmarkマックス・テグマーク)氏は、アメリカで2017年8月29日に発売された最新の著書『Life 3.0: Being Human in the Age of Artificial Intelligence』(直訳:Life 3.0~人工知能の時代に人間であること~)の第3章において、AIの軍事利用について数々の事例を紹介しながら考察しています。
AIの軍事利用がもたらす利点とは? そして、その代償とは? 今後人類が直面する最大のハードルは、AIの軍事利用を放棄するよう世界中の国々を説得することだとテグマーク氏は結論づけています。

AIには人間の存在に関わるほぼすべての事柄を変えるポテンシャルがありますが、人間がこの絶大な力をコントロールしきれるかどうかはまだ分かっていません。
AIの躍進は今後人間にとって便利で、快適で、公平なユートピアを実現するかもしれないし、あるいはジェームス・キャメロン監督が描いたような機械に支配された恐怖の世界をもたらすかもしれないのです。

テグマーク氏の懸念のひとつに自律兵器があります。
AIを搭載して完全に自律した「キラーロボット」――まさしく「ターミネーター」――が戦場に送り出されたが最後、人間は敵を殺すプロセスに一切関与しなくなります。
そんな技術が実装されたら、予期できなかったトラブルやリスクがどんどん明るみに出てくるはずだと、テグマーク氏は警告しています。

米Gizmodoが、テグマーク氏の刊行されたばかりの新著『Life 3.0』を版元の特別な許可を得て抜粋・紹介していましたので、翻訳してお届けします。
ちょっと長いですけど、興味深い内容なのでどうぞ最後までお付き合いください。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事