あのわさビーフとコラボしたマイクポップコーン わさビーフ味を食べてみた

あの「わさビーフ」とコラボした「マイクポップコーン わさビーフ味」を食べてみた


「マイクポップコーン」発売60周年と「わさビーフ」発売30周年を記念して、ジャパンフリトレーと山芳製菓がコラボレーションした数量限定商品「マイクポップコーン わさビーフ味」を食べてみました。

マイクポップコーン わさビーフ味|商品情報|ジャパンフリトレー株式会社
http://www.fritolay.co.jp/products/mike_wasabeef_1710/

「マイクポップコーン わさビーフ味」のパッケージ。
「マイクポップコーン」のパッケージに「わさビーフ」のキャラクターである「わさっち」が描かれているのがなんとも不思議な感じです。


わさびは長野県産を使用とのこと。


わさび以外ではガーリックパウダーと黒胡椒、ビーフエキスパウダーが使用されています。


早速開封して、皿に盛ってみました。
左側が「わさビーフ味」、右側が「バターしょうゆ味」です。
わさビーフと同様のパウダーを使用しているためか、バターしょうゆ味とくらべて少し茶色っぽい見た目です。


ひとつまみ食べてみると、ポップコーンの大きさからは考えられないほど、わさびとビーフの味わいを強く感じます。


そこで、「マイクポップコーン わさビーフ味」がどのくらい「わさビーフ」を再現できているのか、本家の「わさビーフ」を買ってきて食べ比べしてみました。
「マイクポップコーン わさビーフ味」の方が本家の「わさビーフ」よりもわさびとビーフの風味が強く、ピリッとした刺激も少しだけ強く感じます。
とはいえそこまで強い辛味を感じるわけではないので、辛い食べ物に弱いという方も安心して食べられそうです。


マイクポップコーン わさビーフ味」は2017年10月9日(月)より105円(税抜)で数量限定で販売されます。
今回のコラボを記念してマイクポップコーンや山芳製菓のお菓子が抽選でもらえるTwitterキャンペーンも行われているので、気になる方はチェックしてみてください。

わさビーフ食べ比べ対決キャンペーン | キャンペーン一覧 | 山芳製菓株式会社
https://www.8044.jp/campaign/detail/7/

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事