タトゥーは人体に長期的な害をもたらす?新研究で警鐘か

まだ予備研究段階ではありますが…。

アウトローな雰囲気の漂うタトゥー(刺青)には、さまざまなリスクも伴うとされてきました。
でも、いまではファッションの一部として、以前より広く受け入れられている国もあります。
入れるも入れないも、それは個人の自由でしかないのでは?

ところが、タトゥーが長期的に人体にもたらす健康被害について穏やかならぬ結果を示す研究調査が、このほど電子ジャーナルのScientific Reportsに発表されましたよ。
タトゥーを入れた皮膚の下層へ、長年のうちに有害物質が染み出し、健康に悪影響をおよぼしているのでは? そんな危険性への問題提起がなされていますね!

同研究では、タトゥーを入れた4人およびタトゥーを入れていない2人から、死亡後に皮膚やリンパ節の実験サンプルの提供を受けたとされています。
そして、高度のX線検査を実施したところ、タトゥーを入れていた人の半数に、リンパ節まで染料の成分が発見されました。
さらに、異常なレベルのアルミニウム、クロム、鉄分、ニッケル、銅などが、リンパ節と皮膚から検出されたことを明らかにしていますよ。
タトゥーを入れていた1人からは、カドミウムと水銀まで検出されました。
さらに、タトゥーを入れていた全員の皮膚とリンパ節から、チタニウムが異常な濃度で見つかったとされています。

今回、リンパ節から検出された数々の有毒な金属成分は、いずれもタトゥーから染み出した可能性が非常に高いとは発表されているものの、どれほど実際に人体への影響があったかについては、はっきりと判明していないとの説明も付されていますね。
そもそもタトゥーをめぐっては、医療処置でないため、これまで深く人体への影響を調査したことがありませんでした。
今回の研究も、調査対象者の数が少なすぎるため、これだけでタトゥーが有害だとの結論を出すことはできないんだとか。

ドイツのレーゲンスブルク大学病院Wolfgang Baumler氏は、今回の研究に加わっていないものの、このようにコメントし、自らも論じてきたタトゥーの深刻な害を裏づける結果だとの見方を示しています。
これからもっと調査が進み、詳しい人体への有害な作用のメカニズムが解明されていくのかもしれません。
その調査結果次第では、長い歴史を有するタトゥー文化にも影響がおよぶのかもしれませんね。

Image: Pitbull Tattoo Thailand
Source: Scientific Reports

Ryan F. Mandelbaum – Gizmodo US[原文]
(湯木進悟)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事