小池都知事を批判し、都民ファーストを離党した音喜多駿都議。

しかし、彼はこれまでに何度も様々な党を離党していたことが判明…。

新会派を立ち上げましたが、また離党するんじゃ…との声も。

 

 

音喜多駿都議が都民ファーストを批判し離党

10月5日に音喜多駿都議と、上田令子都議が「都民ファーストの会」から離脱。

音喜多氏と上田氏はかつて所属していた「かがやけTokyo」の名称を復活させ、新会派を立ち上げる模様です。

 

「都民ファーストの会」は東京都議会の最大勢力であり都知事の小池百合子が率いていました。

音喜多駿都議と、上田令子都議は都庁で記者会見を開き、都民ファーストの運営について批判。

党運営は密室で役員数人上の運営だけが行っていることを挙げ、「まさにブラックボックス」だと語りました。

 

小池百合子都知事が選挙前に「希望の党」を新設したというこのタイミングでの「暴露話」について、

各メディアはこぞってこの離党劇を大きく取り上げ、一地方議会の離党劇としては異例なほどの騒動に。

 

そんな都民ファーストを離党をし、新会派を立ち上げた音喜多都議ですが、13年の初当選時から「おときた駿」名義でツイッターなどのSNSを積極的に活用。

その発言がウェブニュースで取り上げられることも多く、高い知名度を得ているようです。

しかし、ここにきて唖然としてしまう音喜多氏の経歴が判明してしまいました。

音喜多氏、離党を繰り返していた

関係者は音喜多氏の経歴についてこのように語っております。

 

「彼の経歴は乗り換えの連続です。
13年にはみんなの党から出馬して当選したものの、会派幹事長の指名を巡っての同党分裂に参画。

会派異動届を提出して新会派を結成しました(後のかがやけTokyo)。

15年には松田公太参院議員が党首を務める“日本を元気にする会”に参加するも、1年後には離党して無所属に。

一方で所属会派のかがやけTokyoが“都民ファーストの会 東京都議団”に名称変更したのに伴い、今年は同会派から出馬して2回目の当選。

小池都知事が設立した『希望の塾』では事務局メンバーも務めていました。
それがここにきて小池陣営と袂を分かったのですから、次は誰についていくんでしょうかね

 

こんなに離党を繰り返しているとなんだか一体音喜多氏は何がしたいのかわからなくなってきますね…。

都民からは「また1年経ったら分裂か離党じゃないの?」という皮肉もあるようです。

そう思われてもこの経歴じゃ仕方が無いですね。