BEATLESSのアニメ化が決定監督は機動戦士ガンダム00や楽園追放の水島精二

「BEATLESS」のアニメ化が決定、監督は「機動戦士ガンダム00」や「楽園追放」の水島精二


マチ★アソビ vol.19の眉山山頂ステージで「KADOKAWA新作発表」とだけ題されていたイベントの中で、長谷敏司先生原作のSF作品「BEATLESS」のテレビアニメ化が発表されました。
放送は2018年1月からです。
監督は「機動戦士ガンダム00」や「楽園追放-Expelled From Paradise-」などを代表作とする水島精二さん、シリーズ構成は高橋龍也さんと雑破業さん、キャラクターデザインはやぐちひろこさん、アニメの制作はディオメディアが担当します。

TVアニメ「BEATLESS ビートレス」公式サイト
http://beatless-anime.jp/

眉山山頂ステージにKADOKAWAの田村さんと水島精二監督が登場し、さっそくSF作家の長谷敏司先生による「BEATLESS」のテレビアニメ化が発表されました。


Amazonによる原作のあらすじは以下の通り。

今から一〇〇年後の未来。
社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界。
人類の知恵を超えた超高度AIが登場し、人類の技術をはるかに凌駕した物質「人類未到産物」が生まれ始めた。
黒い棺桶のようなデバイスを持つレイシア。
彼女こそが人類の理解を超えた超高度AIによって作り出された「人類未到産物」だった。
17歳の少年、遠藤アラトはレイシアと出会う。
人間がもてあます進化を遂げた人間そっくりの“モノ”を目の前にし、アラトは戸惑い、疑い、翻弄され、そしてある選択を迫られる。
信じるのか、信じないのか―。
「ヒト」と「モノ」のボーイ・ミーツ・ガール。
彼女たちはなぜ生まれたのか。
彼女たちの存在と人間の存在意義が問われる。
そして、17歳の少年は決断する―。


シリーズ構成は高橋龍也さんと雑破業さん。
そして、キャラクターデザインはアニメ「アイカツ!」のキャラクターデザインを務めたやぐちひろこさんが担当します。
アニメの制作はディオメディアが担当。

続いて、原作者の長谷敏司先生(左から2番目)と、原作イラストを担当したredjuiceさん(右端)が登場。


さらに、redjuiceさん描き起こしのレイシアのデザイン画も公開されました。
デザインは原作のスーツとはデザインが異なり、お尻周りを改造してデバイスなどもよりスマートに変更したことを明かしています。


発表終了後、アニメの公式サイトもオープンしました。

TVアニメ「BEATLESS ビートレス」公式サイト

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事