1万円台でIPX5クラスの防水機能付き JBLの左右独立イヤホンがタフで万能

これはコスパも良き。

ハーマンインターナショナル株式会社のオーディオブランドJBLから、同社初となる左右独立イヤホン「JBL FREE」が発表されました。
つい先日Boseからもスポーティな左右独立イヤホンがお目見えしたところですが、昨今の左右独立イヤホン市場の広がりはまさに雨後の筍といったところです。

Video: ハーマンインターナショナル株式会社/YouTube

5.8mm径ダイナミックドライバーを採用し、A2DP v1.3、AVRCP v1.6、HFP v1.6、HSP v1.2のプロファイルに対応。
最大4時間の連続再生が可能で、充電機能付きケースにイヤホンを収納すれば最大約20時間分の充電ができます。
付属するイヤーチップはS、M、Lの3種類。

171006jblfree02
Image: Copyright © Harman International Japan Co.,Ltd. All rights reserved. via JBL by HARMAN

イヤホン本体のJBLロゴはそのまま操作ボタンになっていて、再生や音声アシスタントなどの操作が可能。
右イヤーピースにはマイクが搭載されておりハンズフリー通話もできます。
さらに左イヤーピースの電源をオフにして、右イヤーピースのみで音楽再生や通話もできるとのこと。
片耳だけ使いたいという状況も少なからずありますし、この切り口は新しいかも。

雨天や汗に耐性を持つIPX5クラスの防水機能も持ち合わせており、スポーツやアウトドアシーンとの相性も良し。
Boseの左右独立イヤホン「SoundSport Free」もIPX4クラスの防滴仕様を有していましたが、タフ系独立イヤホンも早速えり好みできるようになってきましたね。

発売日は2017年11月、価格は1万4,880円(税抜)。
カラーはブラックとホワイトの二色展開です。

Image: Copyright © Harman International Japan Co.,Ltd. All rights reserved. via JBL by HARMAN
Souce: JBL by HARMAN, SoundSport Free

(ヤマダユウス型)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事