このモデル写真は加工済みですレタッチ写真に表示義務:フランス

「健康な体形」の促進なるか。

フランスで施行された新しい法律によると、コマーシャル用写真に写ったモデルがデジタル編集によって痩せているように加工されていたり、もしくは身体の一部が大きく見えるように加工されている場合は「Photographie retouchée(画像は編集されています)」というラベルを表示することが義務付けられました。

法律を破った写真に対しては約500万円(3万7500ユーロ)、もしくは広告制作費の30%が罰則金として課されます。

誤った「理想的な体形」イメージ

ただでさえ痩せたモデルをさらにデジタル加工で痩せさせたり、通常の人間では実現できないようなプロポーションに加工してコマーシャルに使用することがファッション業界では蔓延しています。
これによって特に若い女の子たちが、誤った「理想の体形」イメージを持ってしまっている、と批判されてきました。
フランスのこの新しい法律はその対策として導入されています。

BBCの取材に対してフランス厚生大臣のMarisol Touraineは次のようにコメントを出し、法案が子どもたちの健全なセルフイメージと健康的な習慣にとって重要であることを述べています。

モデルはもともと憧れと夢を与えて商品の価値を高めるものです。
が、それがどのメディアでも「美の典型」として表示されてしまうと、若い人々にとっては「こういう体形にならないといけない」というメッセージにもなるわけですね。
ましてやフォトショップされた体形は人間には実現不可能だったりするわけですから、確かに深刻です。

リアルな体形に誇りを持つこと

これに対抗して、欧米ではセレブリティたちがフォトショップされていない自分の体形をソーシャルメディアに投稿したり、雑誌の写真で自分の承認なくフォトショップされた際に抗議するといった動きが広がっています。

雑誌「Allure」の表紙撮影の時のスナップ写真を投稿する歌手デミ・ロバート。
「フォトショップされてない写真を投稿します。
だってそのままの身体に誇りを持っているから」。

女優・歌手のZendaya。
インスタグラム上でフォトショップされた画像(左)とされていない画像(右)を公開。

Getty Imagesはリタッチされたモデル画像を禁止

ファッションの中心であるフランスがこの法律を施行したことは、非常に大きな影響があると考えられます。
これを受けて写真提供サービス大手のGetty Imagesは「モデルの体形が実際よりも痩せて見えるように、もしくは大きく見えるようにレタッチされた写真」を禁止することを発表しました。
10月1日以降に送られた画像は、すべてこのルールに准していなければいけません。

モデルの髪の色、鼻の形、肌のシミを消すなどはこの法案でも対象外となっており、そちらはGetty Imagesも問題にはしないようです。

痩せすぎなモデルやデジタル加工された非現実的な体形に対する不満は消費者からも出ており、最近ではストック写真も体形を加工したものは減っているとGettyはDPReviewにコメントしています。
フランスの新しい法律、Getty Imagesの対応を見ると今後も「リアルな体形」をモデルたちに反映させるという動きは今後も続くことが予想されますね。

source: France 24, BBC, DPReview

(塚本 紺)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事