Microsoftの音楽配信Groove Music Passが終了へ Spotifyに引き継ぎ

いずれSpotify一強になるの…?

Microsoft(マイクロソフト)音楽ストリーミングサービス「Groove Music Pass」といわれても、日本人で知っている人はあまり多くないかもしれません。
ただ海外でもそれは同じだったのか、同社はGroove Music Passを年内に終了し、ユーザーはSpotifyへと移行できるとを発表しました。

Microsoftのリリースによれば、この移行に関するアップデートは来週にWindows 10へと配信され、Groove Music PassのプレイリストはSpotifyへと簡単に移動できるそう。
またWindows Insiderに対しては今週中に移行機能が提供されます。
そして、Groove Music Passは12月31日に終了する予定です。
年間プラン契約者の場合にはこちらのFAQをお読み下さい。

また今回のサービス終了はストリーミングサービスが終了するだけで、Groove music playerは使い続けられます
ローカルドライブでたくさんの楽曲ファイルを同プレーヤーで管理している場合にも安心ですね。

もともと「Xbox music」としてスタートしたGroove Music Passですが、ユーザー数を伸ばすPandoraや、有料ユーザーの獲得に成功しているSpotify、Apple Musicの対抗馬になることはできませんでした。
音楽ストリーミング業界も弱肉強食ってことなんですね。

Image: Microsoft
Source: Microsoft

Rhett Jones – Gizmodo US [原文]
(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事