Twitterのツイート文字制限が280文字に拡張

Twitterのツイート文字制限が280文字に拡張

Twitterはちょうど1年前の2016年9月に、写真・動画・GIF・投票などは140文字にカウントされなくなるように仕様を変更し、1ツイート140文字の文字制限を緩和しました。
そして2017年9月、新しく1ツイートあたりの文字制限を280文字に拡張するテストを実施中であることを明かしています。

より簡単に表現していただけるよう、ツイートの文字数を増やします
https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/product/2017/Cramming-Experiment.html


Twitterによる1ツイートの文字制限を280文字に拡張するという試みは、一部のユーザーの間でテストが行われています。
文字制限を拡張する理由についてTwitterのプロダクトマネージャーを務めるAliza Rosenさんは、「英語でツイートをする際、すぐに140文字の上限に達してしまうので、制限文字数内にまとまるようにツイートを編集しなくてはなりません。
場合によっては伝えたい思いや感情を表す単語を削除したり、ツイートすることを諦めたりしてしまいます。
同僚のIkuが日本語でツイートするときには、このようなことは起こらないようです。
伝えたい思いを書いてもまだ文字数に余裕があります。
これは日本語、中国語、韓国語では英語やスペイン度、ポルトガル語、フランス語などの他の言語に比べ、倍ちかい情報量を伝えることができるためです」と記しています。

以下のグラフはツイート内の文字数とその割合を示したもの。
横軸はツイートの文字数を示しており、縦軸が全ツイート中の何%を占めるかを表しています。
グラフを見ると、日本語のツイートで最も多いのは15文字のツイートであるのに対して、英語のツイートは140文字のツイートが最も多く、その割合は9%となっています。
このグラフを見ると、英語でのツイートでは140字の文字制限が大きなかせになっていることがよくわかります。


また、Twitterによると日本語のように140文字の制限ではそれほどストレスを感じないという言語の場合、他の言語よりもツイートが多く行われるそうです。
そこで、Twitterは文字制限を280文字に拡張するテストを行うことに決めたというわけ。
ただし、テスト中だからといって実際のTwitterでも文字制限が280文字に拡張されることが決定したというわけではないそうで、テスト結果とフィードバックをもとに最終的に仕様の変更が行われるかどうかが考えられることになるようです。

実際に140文字のツイートと280文字のツイートを比較するとこんな感じ。
Aliza RosenさんのTwitterアカウントである@alizarのツイートが、左は140文字で右は280文字になっています。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事