GoogleがHTCのハードウェア部門を買収スマホなどハードウェア強化が鮮明に

GoogleがHTCのハードウェア部門を買収、スマホなどハードウェア強化が鮮明に


Googleが台湾のスマートフォンメーカーHTC内のPixel開発部門を買収することが発表されました。

Google signs agreement with HTC, continuing our big bet on hardware
https://www.blog.google/topics/hardware/google-signs-agreement-htc-continuing-our-big-bet-hardware/

Google to acquire HTC’s Pixel smartphone division in $1.1 billion deal
http://www.reuters.com/article/us-htc-m-a-google/google-to-acquire-htcs-pixel-smartphone-division-in-1-1-billion-deal-idUSKCN1BW06L

経営不振によりかねてから買収のうわさが絶えなかったHTCですが、2017年9月21日に重大発表があるとして、2017年9月20日夕刻からはHTC株式の売買が停止されていました。

證交所新聞 – TWSE 臺灣證券交易所
http://www.twse.com.tw/zh/news/newsDetail/21362


そして、2017年9月21日にGoogle・HTCから、GoogleがHTCのスマートフォン事業の一部を11億ドル(約1200億円)で買収することが正式に発表されました。
Googleは、Pixelシリーズの製造をHTCに委託していましたが、HTCのPixel開発チームがGoogleに加わることになります。
また、合意の内容にはPixel開発チームの移管だけでなく、HTCの持つ知的財産に関する非独占的なライセンス契約も含まれています。


GoogleによるHTCのハードウェア部門の買収は2018年初めに完了する見込み。
買収手続き後もHTCは、Pixelなど買収対象から外れるスマートフォン事業については継続します。

2017年10月4日にPixel 2を含む新製品に関する発表イベントを控えるGoogleですが、HTCのPixel開発部門の買収によって、Googleによるスマートフォンや「HTC Vive」のようなVRヘッドセット、ChromebookなどのノートPC、「Google Home」などAIスピーカーなどハードウェア製品の開発が本格化しそうです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事