iOS11のARをフル活用してIKEAの家具を自分の部屋に好きなだけ試し置きできるIKEA Placeを使ってみました

iOS11のARをフル活用してIKEAの家具を自分の部屋に好きなだけ試し置きできる「IKEA Place」を使ってみました


IKEAがAppleとARアプリを開発しており、自分の部屋に目当ての家具を試し置きできるようになる」ということは、2017年6月から報じられていました。
2017年9月20日(水)に正式にiOS 11が配信されることで、このアプリが実際にiPhoneやiPadから使えるようになったということで、さっそくアプリを使って自宅にいながら部屋をIKEAのショールームのようにしてみました。

IKEA Launches IKEA Place, a New App that Allows People to Virtually Place Furniture in Their Home – IKEA
http://www.ikea.com/us/en/about_ikea/newsitem/091217_IKEA_Launches_IKEA_Place

IKEA Place on the App Store
https://itunes.apple.com/us/app/ikea-place/id1279244498

Ikea’s ARKit furniture app ‘Place’ is now available on the App Store | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2017/09/19/ikea-place-augmented-reality-app-download/

IKEA PlaceはiOS 11以上のiPhone・iPadに対応していますが、日本のApp Storeからはインストールできないので、使ってみたい人はApp Storeの国の設定をアメリカに変更する必要があります
ということで、国をアメリカに設定した状態でApp Storeにある「IKEA Place」ページを開き、「GET」をタップ。


「インストール」をタップ。


「OPEN」をタップします。


アプリが起動すると、会話形式でインストラクションがスタート。
「Let’s do it」をタップ。


カメラを使う必要があるとのことなので、問題なければ「Sure thing」をタップします。


「OK」をタップ。


するとこんな画面が出現。
左下に写真・ムービーのキャプチャボタン、真ん中に家具のブラウジングボタン、右下にセッティングボタンがついています。
どこでもいいので画面をタップすると……


まずは家具を配置する空間の把握からスタート。
カメラで床を捉えたのちに、部屋のいろんな場所をカメラで捉えることで黄色いドットが出現します。


空間の把握が終わると以下のような画面に遷移しました。
配置する家具を選ぶため、画面下部中央にある「+」アイコンをタップ。


すると、家具のブラウジングページが現れました。
とりあえず、「GET STARTED」という文字の下にある茶色いイスを配置してみることにします。
イスの画像をタップすると……


部屋の中にイスが出現。
画面左上にはイスの名称と価格が表示されています。


指で操作することで位置や向きの調整が可能。
納得のいく場所・向きに家具が置けたら青色のチェックマークを押します。


こんな感じで固定。


家具を配置する様子は以下のムービーからも確認できます。

「IKEA Place」で現実世界に仮想の家具を配置してみた – YouTube


実際には机だけの部屋ですが……


カメラを向けると、ODGERというイスがちゃんと存在しています。


カメラを色んな方向から向けることで、あらゆる角度からイスの様子を確認可能。
左側や……


右斜め上


背面


下からなど。


ブラウジング画面には他にも色んな家具が並んでいます。
「HIGHLIGHT」という文字の下からは、コレクションごとに家具を物色可能。


また、イス・ソファ・デスク・ライトなど、カテゴリごとに家具を物色することもできます。


ということで、さらに家具を配置してみました。
「+」アイコンから家具を選ぶと、どんどんその場に家具が追加されていく仕組みなので、不要な家具はゴミ箱アイコンから削除していきましょう。


こんな感じで複数の家具をその場に配置し、どちらが部屋の雰囲気に合うのかを比較することもできます。
画面右下の撮影ボタンをタップすると、家具の写真がキャプチャされます。


共有ボタンから、メールなどで同居人に「どっちの家具がいい?」というメールを送ってもOK。


また、撮影ボタンを長押しするとムービーの撮影も可能。
実際に配置された家具をいろんな方向から撮影したムービーは以下から。

「IKEA Place」で現実世界に配置した仮想家具はこんな感じ – YouTube


ズラーッとイスを並べてみました。
5つイスを並べると、かなり部屋が狭くなるな……というのも、ザックリですがわかります。


さらにソファも追加。


カメラを構える角度を変えてみると、ソファからコンセントの位置が厳密に一定ではないことがわかります。
完全に正確なサイズの家具を部屋に置けるわけではないようなので、「このスペースに家具が置けるか?」という調査には不安が残りますが、部屋の雰囲気に家具がマッチするか、というざっくりしたチェックにはもってこいです。


なお、アプリはまだ少し動きがぎこちなく、空間の把握に失敗してイスが宙に浮いたり……


極小サイズになってしまったりすることもありました。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事