iOS 11でiPadがどんな風に進化したのかがわかる新しいDock・より直感的なマルチタスキング・ドラッグ&ドロップを使ってみたレビュー

iOS 11でiPadがどんな風に進化したのかがわかる新しいDock・より直感的なマルチタスキング・ドラッグ&ドロップを使ってみたレビュー


2017年9月20日に配信された「iOS 11」により、iPadおよびiPad Proが大幅に使いやすく進化したということで、実際にどんなことができるようになったのか使ってみました。

iOS 11 – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ios/ios-11/

iPhoneやiPod touchでも使えるiOS 11の新機能は以下の通りレビュー済み。
コントロールセンターやスクリーンショット、通知など、日頃から使用頻度の高い機能が大幅に改善されており、全体的にかなり使いやすくなった印象です。

iOS 11新機能レビュー、地味だけど頻繁に使う機能がパワーアップしてより便利に進化 – GIGAZINE


これらに加えて、iOS 11ではiPhoneやiPod touchでは使えないiPadならではの機能が追加されているとのことなので、12.9インチの巨大iPad ProにiOS 11をインストールして実際に使ってみました。

◆新しいDock
コレが新しいDock。
赤枠部分には直近で使用したアプリのアイコンが3つまで表示されるようになっており、その左隣にはDockに固定表示されているアプリのアイコンが並んでいます。


特定のアプリを開いた状態で、画面下部から上方向に小さくスワイプすると……


いつでもDockを表示可能。


さらに、画面下部から上方向に大きくスワイプすると……


コントロールセンターが表示されます。
iPadの場合はホームボタンを2回押してもこのコントロールセンターを表示可能です。


実際にiPadでiOS 11のDockを使うとこんな感じです。

iOS 11×iPadで使える新しいDock – YouTube


◆より直感的なマルチタスキング
続いてより直感的な操作が可能になったiOS 11のマルチタスキングを試してみます。

マルチタスキングするには、Dockを表示して2つ目に表示したいアプリのアイコンをタップ。


そのまま画面上にアプリアイコンをドラッグし、指を離すと……


こんな感じでアプリ上に別のアプリが被さるように表示されます。


2つ目のアプリの上部にはバーが表示されているのでコレをタップ&ホールドして下方向に動かすと……


2画面分割も可能です。


分割した場合は2つのアプリの表示領域を自由に変更できます。


なお、iOS 11のマルチタスキングではiOS 9のSlide Overとは違ってApple製のアプリではなくてもマルチタスキングが可能。
ムービーを再生しながらウェブブラウジングしたり……


iOS 11のレビュー記事を読みながらその通りの設定を行ってみることもできます。


iOS 11のマルチタスキングならばiPadでこんなことも可能になります。

iOS 11×iPadでマルチタスキングしてみた – YouTube


◆ドラッグ&ドロップ
iOS 11ではテキスト、写真、ファイルをアプリ間で移動できる「ドラッグ&ドロップ」機能が追加されています。

実際どうやるのかというと、例えばウェブページ上で見つけた写真をタップ&ホールドして、メモアプリへ移動させると……


ウェブページで見つけた写真をメモアプリの中に貼り付けることができます。


アプリ間の移動が可能となったのは写真だけでなく、テキストもコピペしたい範囲を選択したらタップ&ホールド。


表示が以下のように変化したらテキストをコピペしたいアプリへドラッグ&ドロップ。


するとこんな感じでテキストのコピペが完了します。


PCではごく当たり前の動作となっているドラッグ&ドロップですが、iPad上でシームレスに行えることにちょっとした感動を覚えます。
実際にiPad上でドラッグ&ドロップを行っている様子は以下のムービーで見ることができます。

iOS 11×iPadでドラッグ&ドロップしてみた – YouTube

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事