iOS 11で登場したiPad専用の新機能まとめ

Proの人も、そうじゃない人も。

本日9月20日、iOS 11の正式版がリリースされました! iPadユーザーのみなさんはもうアップデートしましたか?

今回は実際にiOS 11が入ったiPadを触りながら、iPad限定の新機能についてもう少し深くおさらいしてみます。
「iOS 11入れようか迷ってる…」「入れたけど使い方わからん…」などなど、大きな仕様変更に驚いている方。
ぜひ一緒にiOS 11を試していきましょう。

Dock

170920_new_feature_ios11_for_ipad_1
Image: Apple

・固定できるアプリが6から15へ

一番目に見える変化は、このmacOSライクな「Dock」が追加されたことでしょう。
これまでホーム下に最大6つ固定できたアプリは、最大15個まで固定できるようになりました。

170920_new_feature_ios11_for_ipad_2
Image: Apple

・Dockでアプリ切り替え

どんなアプリを開いていても、画面下からスワイプすることでDockを呼び出せます。
つまり、いちいちアプリ切り替え画面に行かなくても、Dockからアプリを切り替えられるのです。

170920_new_feature_ios11_for_ipad_3
Image: Apple

・最近使ったアプリを記憶

設定画面から「おすすめApp/最近使用したAppを表示」をオンにすると、直近で使ったアプリがDockの右側に表示されます。
最大で3つのアプリが入れ替わります。

ドラッグ&ドロップ機能

170920_new_feature_ios11_for_ipad_4
Image: Apple

・Dockからアプリをドラッグ&ドロップ→複数ウィンドウ

何かアプリを立ち上げているときに、Dockを呼び出してアプリアイコンをドラッグ&ドロップしてみます。
すると起動しているアプリの上に、ドラックしたアプリが起動。
そのまま下にスワイプすると複数ウィンドウの「Split View」に切り替わります。

170920_new_feature_ios11_for_ipad_5
Image: Apple

・データをドラッグ&ドロップ

複数ウィンドウで作業しているとき、画像やURLなどのデータをドラッグ&ドロップしてダイレクトに移動できるように。
またファイルをホールドしながら、Dockで別のアプリを起動して貼り付けることもできます。

新しいコントロールセンター

170920_new_feature_ios11_for_ipad_6-1
Image: Apple

・カードデザインに変更

これまで別々だった「コントロールセンター」と「アプリ切り替え」が統合されました。
起動中のアプリは2列で表示され、閉じるときは上にフリックします。

またSplit Viewでマルチタスキングしている2つのアプリは、そのままコントロールセンターへ収納できるようになりました。

・Dockからスワイプアップで起動

アプリ切り替えの新しい起動方法が追加されました。
画面下からDockを呼び出し、そのまま指を上にスワイプするとアプリの切り替え画面に移動します。

もちろんこれまでどおり、ホームボタン2回クリックでも起動できます。

Apple Pencilの新機能

・Pencilでロック画面をタッチ→メモが起動

Apple Pencilを使ってiPadのロック画面をタッチすると、自動的にメモアプリが起動
「インスタントメモ」と呼ばれるこの機能を使って、すぐに手描きメモを始めることができます。

170920_new_feature_ios11_for_ipad_7
Image: Apple

・いつでも書き始められるインラインスケッチ

これまでメモアプリやメールで手描きメモを入れるには、ペンアイコンをタップして、手描きモードにする必要がありました。
iOS 11では単にApple Pencilで描き始めると「インラインスケッチ」モードに切り替わり、文章のなかにそのまま書き込めます。

インスタントメモも、インラインスケッチも他のスタイラスではできない機能ですから、ますますiPad Proを買う理由が出来てきますね…。

Quick Typeキーボード

170920_new_feature_ios11_for_ipad_8
Image: Apple

これまでアルファベットと数字・記号を打つには、地球アイコンからキーボードを切り替える必要がありました。
が、「Quick Type」キーボードを使えば、ある程度なら切り替えなしでも入力できるようになりました。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事