アマゾンFire HD 10発表–米国版はAlexaハンズフリーモード搭載

 Amazon.comは、「Fire HD 10」タブレットの新バージョンを発表した。
米国版は音声アシスタント「Alexa」をハンズフリーで利用できるモードを備え、149.99ドルから販売される。
デバイスの利用をコンテンツや商品の販売につなげるというAmazonの戦略は、同社のサービスをどこでも利用できるようにする取り組みに結びついている。

 AmazonがFireタブレットにハンズフリーモードを搭載するのは、今回が初となる。
ユーザーはこのモードにより、Alexaに呼びかけて、動画の再生や一時停止、タイマーの設定、音楽の再生、スマートホーム製品の操作を実行できる。

 当然のことながら、新しいFire HD 10には仕様の改善点もみられる。
主な仕様は以下の通りだ。

  • 1080pのフルHDディスプレイ
  • 「Dolby Atmos Audio」対応
  • 内蔵ストレージは32Gバイトと64Gバイトから選択可
  • 追加ストレージ用のmicroSDカードスロットを搭載
  • 2GバイトのRAM(現行モデルの2倍)と、最大1.8GHz駆動のクアッドコアプロセッサ
  • 「For You」と呼ばれるパーソナライズ機能
  • 前面カメラと背面カメラ
  • 最大10時間使用可能なバッテリ

 ただし、見逃せないのは、Amazonの野心的な目標だ。
このアップデートされたFire HD 10の真の狙いは、家庭内でAlexaを利用できる場所を増やすことにある。
新しいFire HD 10は、スマートホーム機器のダッシュボードとしても機能する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事