小型版Google Homeとされる画像が公開–アマゾンのEcho Dot対抗か

 「Google Home」は2016年11月のリリース以来、スマートスピーカ市場における優位性を目指して「Amazon Echo」の後を追い続けている。
2年早くリリースされたEchoに対して見事な追い上げを見せてはいるが、Amazonが数種類のスマートデバイスを提供するのに対し、Google Homeにはまだシリーズ製品がない。

 Droid Lifeの記事によると、Googleがまさにそれを発表しようとしている可能性があるという。
上に示した画像が「Google Home Mini」だとされており、Droid Lifeによると、「Echo Dot」に近い49ドルになる見込みだという。
Googleは、米国時間10月4日に開催する同社の次のイベントでGoogle Home Miniを発表する可能性がある。

Google Home Miniとされる画像
Google Home Miniとされる画像
提供:Droid Life

 筆者はGoogleにコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。
そのため、名称、価格、画像はすべてDroid Lifeの記事に基づく情報だ。

 Google Homeは、音声コマンドに対応する129ドルのスマートスピーカ。
機器に触れることなく、音楽を再生したり、スマートホームを制御したり、ウェブを検索したり、カレンダーに項目を追加したりすることができる。
Google Homeには「Googleアシスタント」が内蔵されている。
Googleアシスタントは常時オンで、「Hey Google」や「OK Google」というウェイクワードで起動する。

 Google Home MiniにもGoogle Assistantが内蔵される見込みで、理論的にはそれと同じ機能がすべて搭載されるはずだ。
画像の各色にはそれぞれ、チャコール、コーラル、チョークという名称が付けられている。

 50ドルのEcho DotにもAmazonのアシスタントである「Alexa」が搭載されていて、180ドルの「Amazon Echo」のすべての機能が実行できるので、Googleの動きは理にかなっている。
Echo Dotは、ホームステレオシステムに接続してさらなる機能を提供しているため、Dotに対抗するGoogleの新製品にも、いくつかの追加機能が予定されていることを期待する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事