デーブ・スペクターが「24時間テレビ」について言及。

なんと「24時間テレビは金儲けの道具」だと発言しております。

その強烈な内容がこちら。

 

 

デーブ・スペクターが24時間テレビについて言及

9月14日にデーブスペクターがツイッターで日本のチャリティー活動について皮肉交じりの発言をしましたが、それが世の中から絶賛されています。

一体何を語ったのでしょうか??

先日アメリカで起こった巨大ハリケーンの被害のためのチャリティー番組に、音楽業界の大物やハリウッドスターなど数々の有名人が全てノーギャラで出演し、ノーCMで放送されている事に対して、

デーブスペクターはこのように語りました。

「24時間テレビのスタッフは見ないようにしているのでしょうね、きっと。

これは皮肉たっぷりの発言ですね~。

寄付集めの番組とは、被災者のためのチャリティーコンサート「Hand in Hand」のこと。

現地時間9月12日に開催され、アメリカ・テキサス州のヒューストンを襲った大型ハリケーン「ハービー」による壊滅的な洪水被害を受けた被災者のために企画されました。

参加したのは、スティーヴィー・ワンダー、ビヨンセ、ジャスティン・ビーバーら大物アーティストやジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、トム・ハンクスといった、有名なハリウッドスター。

寄付金はというと結果、1,500万ドル(日本円で約16億円!!)を超える寄付金が集まったのです。

この収益は被災地の復興や被災者への生活支援に全額寄付されるといいます。

参加したスターたちは、もちろんノーギャラ。

日本じゃ絶対にありえないありえないことですね…。

デーブの発言が称賛を浴びる

この番組に関してのデーブさんの発言に対して、芸能ジャーナリストは「デーブも日本テレビの番組に出演しているのに勇気ある発言」と語りました。

確かに、このようなことを言ってくれる日本人芸能人なんてこれまでいませんでしたからね…。

関係者はこのように語りました。

「以前、日本の大物俳優から聞いた話ですが、あるチャリティーに手弁当で参加したら、スタッフが揃いのTシャツを着ていた。

その制作費はどこから出ているのか聞くとうやむやな返事。

その俳優は『二度と嘘っぱちのチャリティーには行かない』と怒っていました。

デーブは、チャリティーの名のもとで“商売化”した『24時間テレビ』をやんわりと皮肉った。
ギャラが支払われていることに疑問を感じていたんでしょうね

確かに「チャリティー番組」といいながら、芸能人はちゃっかりギャラを貰っている「24時間テレビ」。

「チャリティーなので、ギャラ入りません」といえる芸能人はいないのでしょうか。

デーブさんのTwitterには「日本のチャリティはカネ儲けの道具」「日本はボランティアの無償活動により企業やTV局、芸能人が莫大な利益を得ている」など、賛同のコメントが多々寄せられていました。