Boseの未発表QuietComfort 35 IIはGoogle Assistant搭載ヘッドホンかも

おお、これは発表が近いかも!

近頃噂される、Google(グーグル)がAIアシスタント「Google Assistant」を搭載したヘッドホン「Bisto」を準備しているという情報。
どうやらその一つは、Boseの未発表ヘッドホン「QuietComfort 35 II」なのかもしれないんです!

この情報を伝えたのは、海外ニュースサイトの9to5Google。
同サイトはこれまでもAndroid 7.10のコードからBistoの証拠を発見したり、Googleのカスタマーサポートページにヘッドホンの項目を見つけたりと情報を追ってきました。
そしてつい先日、Boseから得た資料から未発表製品「QuietComfort 35 II」がBistoであるとの確信を得ます。

さらに、Redditユーザーの投稿として「QuietComfort 35 II」のパッケージ画像を発見しました。
パッケージには「Google Assistant built-in」の文字が。
これはもう、このヘッドホンがGoogle Assistantに対応していることはほぼ間違いなさそうです。

20170915nbose2

なお、QuietComfort 35 IIには「QuietComfort 35」にはない左側イヤーカップの「アクションボタン」が存在します。
上の画像はThe Vergeが先月投稿したものですが、上のパッケージ画像と照らし合わせれば、実はこの画像がQuietComfort 35 IIだった可能性が高まります。

QuietComfort 35といえば高品質なノイズキャンセリングヘッドホンとして有名。
さらにそこにGoogle Assistantによるアシスト機能が加われば、鬼に金棒でしょう。
また、QuietComfort 35 IIの価格はオリジナルモデルから変わらないとの情報もあります。

Googleは10月4日にイベントを開催します。
イベントの目玉は「新型Pixel」スマホだと予測されますが、このようにGoogle Assistantが搭載された賢いヘッドホンやイヤホンもいくつかデビューするのかもしれませんね!

Image: 9to5Google,The Verge
Source: 9to5Google,Reddit

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事