大麻はドローンで配送しちゃダメ! クルマだけ!

アメリカ中で最も人口の多いカリフォルニア州。
2018年始めに嗜好用大麻が合法化される同州は、大麻ブームの到来に備えて準備をしています。
広大な大麻畑は自動化の恩恵を受けているようですが、この「黄金の州」カリフォルニアのカナビス起業家達は自動配達サービスの恩恵は受けられないようです。

先週、カリフォルニア州の大麻管理局(Bureau of Cannabis Control)は大麻ビジネスに対して緊急法令(*pdf)を発表。
Ars Technicaの指摘のように、この法令は大麻は「商用車両またはトレーラーで運搬」されなければならず、「航空機、船、線路、ドローン、人力車両、無人車両」で配達を行なってはならない、というもの。

この法令は、それだけに留まらず、人間以外のものによる宅配も制限しています。

カリフォルニア州は合法化から1年以内に数千のライセンスを発行するとみられており、合法大麻により州の経済が50億ドル活性化されるされます。
当然ながらシリコンバレーはこの機会から大きな利益を得ることになるでしょう。
EazeやMDeliversのようなスタートアップはすでにカリフォルニア州での大麻宅配を始めようとしていることを公表しています。

この規制はクールでは無いかもしれません。
しかし大麻管理局によるこの初期の規制は、カリフォルニア州でロボットたちがマリファナの宅配を間違えてワイルドな『ウエストワールド』的にてんやわんやするような事態が絶対におこらないするためにはいいのかもしれませんね。

Image: Ethan Miller/Getty Images News/ゲッティ イメージズ
Source: Ars Technica, California Bureau of Cannabis Control

Jennings Brown – Gizmodo US[原文]
(abcxyz)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事