URL短縮サービスp.tlが終了へ–880万件以上がリンク切れに

 ピクシブは、同社が2010年から運営するURL短縮サービス「p.tl」の提供を、9月29日12時をもって終了することを発表した。
なお、2014年から短縮URLの新規発行は終了していた。

 URL短縮サービスは、長い文字列のURLを短くできるサービスで、リダイレクトによって本来の長いURLに接続する。
「Google URL Shortener」や「URX.NU」など複数のURL短縮サービスが存在するが、中には不正利用などを理由に新規発行を停止しているサービスもある。

 ピクシブによれば、これまでp.tlで短縮された累計URL数は888万6484件。
9月29日以降はこれらの短縮URLがリンク切れとなるため、リンクを設置しているウェブサイトなどは、終了日までにリンク内容を変更するようアナウンスしている。


URL短縮サービス「p.tl」

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事