山火事の中でゴルフしているバイラル写真は本物だった

迫り来る火の中、冷静にショットを決めてます。

ボーボーに燃え盛っている山をバックに平然とゴルフを楽しむグループ
左端には心配そうに山を見つめる2人がいますが、それが普通の反応ですよね。
2つのグループのコントラストとメラメラの山火事。
そりゃフォトショップぽいよねと誰しも思うはずです。

しかし、正真正銘の本物のシーンだったようです。
アメリカ・ワシントン州にあるBeacon Rock Golf Courseのオーナーが「これはうちのコースで撮られたものだ」と認めたとのこと。
この山火事はコロンビアリバー渓谷周辺で起こり、約3万エーカー(約120平方キロ)を焼き尽くした大惨事でした。

しかし、オーナーによると、山とプレーヤーが両方上手に入るアングルで撮られたこの写真は実際の様子よりもドラマティックな写りではあるものの、本物だと語ったそうです。

と語るのは、写真に写っている平然とゴルフを楽しんでいる男性の1人Crawfordさん。

このゴルフ場を旦那さんと経営するオーナーのTamara Mayfieldさんによると、この写真が撮られた日は100人ほどプレーをしている人がいたという。
写真に写っているCrawfordさんによると、山火事が迫り来るような写りですが、燃えているのは川をまたいだ反対側で、本当は1.6キロほど離れていたとのこと。

今回のワシントン州の山火事の様子を写す写真はたくさんネットに出回っていますが、この世界の終わりの中でゴルフをしているように撮れてしまったオモシロ写真を撮った人物は未だに不明なんだそうです。
もとはRedditへの投稿だったようですが、投稿者もFacebookで見かけてそれを投稿しただけで、誰が持ち主かはわからないと言っています。

撮影した本人はこんなにバイラルになるとは思っていなかったんでしょうか? 撮った人にその時の状況など詳しく聞いてみたいですね。

Image by Reddit / Kolsefur

Source: Reddit、The Oregon

Adam Clark Estes – Gizmodo US[原文]

(岩田リョウコ)

こちらからコメントの記入が行えます

*