大根を煮物にする部位でおすすめは?場所ごとの特徴や使い方まとめ

煮物料理を作るときにおすすめの大根の部位についてまとめました。
大根を煮物などの料理に使うときは部位の特徴を知って、正しい使い方をするのがおすすめ。
大根の部位の特徴や使い方をチェックして、おいしい大根の煮物料理を作っていきましょう!

目次

  1. 大根の煮物料理は部位の特徴を知るのが大切!
  2. 大根の煮物料理をおいしく作るにはどの部位がおすすめ?
  3. その他の大根の部位のおすすめの使い方は?
  4. おいしい大根の煮物を作るポイント
  5. 大根の煮物料理にしっかり味をしみこませるには?
  6. ボリューム満点!大根と豚バラ肉の煮物料理
  7. おいしく作れるブリ大根の煮物料理レシピ
  8. 旨味たっぷり!大根とイカの煮物料理レシピ
  9. 洋風の味わいを楽しめる大根のトマト煮込み料理レシピ
  10. 大根の特徴を生かした使い方でおいしい煮物料理を作ろう!

大根の煮物料理は部位の特徴を知るのが大切!

部位によって特徴がある大根

yokocino.coloniaさんの投稿
21820304 117112002300290 4247219573339717632 n

身近に使える野菜として人気を集めている大根。
大根と一口に言っても部位によって味の特徴が異なるので、特徴をしっかり把握することによっておいしい大根料理を作れるようになります。
特に大根の煮物料理を作るときは部位の特徴を活用することが大切。
大根の使い方を知って、おいしい煮物料理作りを楽しんでみませんか?

おすすめの使い方で大根の煮物料理を作ろう!

gochisousamadeshita_skさんの投稿
21577294 370350336728062 6748329327886073856 n

今回は、大根を使った煮物料理に最適な大根の部位や使い方についてご紹介します。
おいしい大根の煮物料理を作るためのポイントもまとめました。
大根の煮物料理はちょっとしたポイントをおさえるだけでぐっとおいしく仕上げることができるので、気軽に本格的な大根の煮物を楽しめるようになります。
ポイントをチェックして、おいしい大根の煮物を作りましょう!

大根の料理レシピ集!丸ごと一本使い切る簡単でおいしい人気のおかず紹介

大根の煮物料理をおいしく作るにはどの部位がおすすめ?

部位によって味の特徴が異なる大根

nakano_farmさんの投稿
21689846 117396135643382 5459925983324798976 n

大根は部位によって味わいが変わってきます。
美味しい大根料理を作りたい場合は、それらの味の違いを生かすことが大切。
それでは、大根の煮物料理を作るにはどの部位を使ったら良いのでしょうか?

大根の煮物料理を作るには真ん中の部位がおすすめ

wamiwwwさんの投稿
21569204 128180364494212 6587326242503000064 n

大根の煮物を作るときにぴったりなのは中央の部分。
大根の中央の部分は旨味が強いので煮物にするのに最適です。
まだ、ほど良いかたさもあるので煮崩れしにくくおいしい大根の煮物を作ることができるようになれるのもポイント。

その他の大根の部位のおすすめの使い方は?

上や下の部位の大根の使い方

dad0828さんの投稿
21819594 1556322477763514 6807702788282253312 n

それでは、その他の部位の使い方はどうすれば良いのでしょうか?大根の上の部位は甘みが強いので、大根サラダや大根おろしにするのがおすすめです。
大根の下の部分は辛味が強いので、漬物などにするのにぴったり。
下の部位を大根おろしにすると辛味が強くなるので気をつけてくださいね。

大根の葉や皮のおすすめの使い方

covamiwaさんの投稿
15253072 1358656934145807 2609220334859059200 n

大根は葉や皮も活用できます。
葉は細かく刻んで醤油などと炒めれば、ご飯と相性ぴったりな1品のできあがり。
大根の皮は細切りにしてきんぴらにすることができます。
捨てずに活用してみてくださいね。

大根の葉は捨てちゃダメ!栄養満点で取り入れたい理由とは?レシピも

おいしい大根の煮物を作るポイント

皮を厚めにむいて面取りをする

banbuuziさんの投稿
21688518 1903316226655162 3830543900938862592 n

おいしい大根の煮物を作るときは皮を厚めにむきましょう。
大根の皮のすぐ下は固いので、厚くむくことでおいしく仕上がります。
煮崩れを防ぐために面取りをし、味がしみこみやすくなるために十字に隠し包丁を入れてください。

下ゆでをする

takn_ayakoさんの投稿
21689861 1868959730086223 8718425724140126208 n

大根は下ゆでをしておくことで味がしみこみやすくなります。
20分ほど下ゆでをしておきましょう。
ある場合は、米のとぎ汁を使うのがおすすめ。

おでんの大根とたまごの下ごしらえのやり方!実は下茹で時間を短縮できます!

大根の煮物料理にしっかり味をしみこませるには?

熱が通ってから冷ます

mika12599さんの投稿
21568511 231552684040467 4145950815800000512 n

おいしい大根の煮物はしっかりと味がしみこんでいるのが大切なポイント。
味をしみこませるためには、長時間煮込むのではなく火を止めて冷ましましょう。
火を止めて冷ます過程で調味料が大根にしみこんでいきます。
この一手間でグッと美味しくなるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

前日に作った大根の煮物料理の方が味がしみておいしい

himenotableさんの投稿
21480590 268405330344223 6184880131761242112 n

大根の煮物は冷ますことで味がしみこむので、翌日の方がおいしい場合がほとんど。
しっかりおいしい大根の煮物を作りたいときは前日に仕込んでおくのがおすすめです。

ボリューム満点!大根と豚バラ肉の煮物料理

大根と豚バラ肉の煮物料理に必要な材料

それでは、おすすめしたい大根の煮物レシピをチェックしていきましょう。
ボリュームのある大根の煮物をいただきたいときにぴったりなのが豚バラ肉と組み合わせた煮物料理です。
ジューシーな豚バラ肉が大根のおいしさを引き立て、とてもおいしくいただけるように。
ご飯との相性も良く、おいしい大根の煮物料理を楽しみたいときにぴったりです。

kaori_tsukanoさんの投稿
14676585 1078249875576666 2943855509066743808 n

大根と豚バラの煮物に必要な材料は、豚バラ肉120g、大根500g、水500ml、酒大さじ2、鶏がらスープの素大さじ1、醤油大さじ3、砂糖大さじ2になります。
この他に人参やゴボウなど好みの野菜を加えてもOK。
いろいろな野菜を入れてボリュームたっぷりな大根と豚バラの煮物に仕上げてみてはいかがですか。

おすすめのレシピ

豚バラ肉は食べやすい大きさにカットします。
大根は乱切りにしましょう。
鍋に油をしいたら、豚バラ肉を炒めます。
豚バラ肉の色が変わってから大根を加えて炒め合わせます。
大根に油がまわったら水と酒、鶏がらスープの素を加えてひと煮立ちさせましょう。

cottonsnow151eさんの投稿
15099394 699105793586031 6813774845541613568 n

豚バラ肉のアクを取り除いたら落し蓋をし、弱火〜中火で15分ほど煮込みます。
時間が経過したら落し蓋をとり、醤油と砂糖を加えましょう。
さらに10分ほど煮込んで味がなじんだら完成です。

おいしく作れるブリ大根の煮物料理レシピ

ブリ大根に必要な材料

おいしい大根の煮物を作りたいときにブリ大根は欠かせません。
ブリの旨味と大根のおいしさが絶妙にマッチし、ご飯がすすむおいしさに仕上げられるようになります。
ブリ大根はブリの下処理をしっかりとすることが大切。
ブリの下処理がうまくできていないと生臭さが残ってしまうことがあるので、ポイントをおさえておいしいブリ大根を作りましょう!

takaha515さんの投稿
21576942 172115366693525 629309749355085824 n

ブリ大根に必要な材料は、大根600g、ブリ3切れ、砂糖大さじ4、酒大さじ5、みりん大さじ1、醤油大さじ3になります。
彩りを添えるために、ゆずの皮を刻んだものをトッピングするのもおすすめ。
ゆずの香りがブリ大根にうつって、上品なおいしさを楽しめるようになります。
おいしいブリ大根を作ってみましょう!

簡単なレシピ

大根は皮をむいて面取りをし、半分にカットしておきましょう。
鍋にお湯をわかしたら分量外の酒を少量入れて、ブリをプラス。
ブリの表面が白くなるように軽く茹でたら、氷水の中にいれましょう。

bodypitkyoto.s.fujisakiさんの投稿
21689213 1896444480604937 3873903966613929984 n

鍋を洗ってから大根をいれ、全体がかぶるくらいの水を入れます。
加熱して大根が柔らかくなるまで茹でたら、ブリを加えてください。
酒と砂糖を入れたら落し蓋をして10分ほど煮込みましょう。
落し蓋をとり、醤油とみりんを加えて煮汁が少なくなるまで煮詰めたら完成です。

旨味たっぷり!大根とイカの煮物料理レシピ

大根とイカの煮物料理に必要な材料

大根の旨味をたっぷり楽しむことができる大根とイカの煮物もおすすめのレシピ。
イカの旨味が大根にしみこんで、とても美味しくいただくことができます。
大根のおいしさをしっかり引き出したいときにぴったりのレシピ。
柔らかく煮込まれたイカは大根との相性が良く、とてもおいしくいただけるのでぜひ作ってみてくださいね。

little_chef_juliaさんの投稿
12237035 195243157475516 344442256 n

大根とイカの煮物に必要な材料は、イカ1杯、大根250g、醤油大さじ2、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ1、だしの素小さじ1/2、水300mlになります。
お好みでネギなどの野菜をプラスしてもOK。
旨味たっぷりなイカの煮物はさまざまな野菜と合わせやすいので、お好みに合わせてアレンジしてみてくださいね。

簡単に作れるレシピ

大根は皮をむいて面取りをします。
面取りをした大根を下ゆでしておきましょう。
イカは食べやすい大きさにカットします。
鍋に大根と水、イカを入れたら砂糖・だしの素・酒を加えて煮立たせてください。

skyyyamaさんの投稿
19429215 186936175171790 4408321460150468608 n

アクを取りながら5分ほどにたら、醤油とみりんを加えて落し蓋をして20分ほど煮込みましょう。
全体に味がなじんだら火を止め、冷めるまで放置します。
食べる直前に温め直して完成です。

洋風の味わいを楽しめる大根のトマト煮込み料理レシピ

大根のトマト煮込み料理に必要な材料

大根の煮物は洋風にアレンジすることもできます。
トマトを使った大根の煮物料理は、旨味たっぷりでクセになるおいしさ。
鳥もも肉を入れることでボリュームアップしているので、食べ応えのある大根の煮物に仕上げることができます。
いつも和風の大根の煮物だと飽きてしまうな、というときはトマト煮込みにして美味しくいただいてみてはいかがですか。

marikoo00さんの投稿
21688840 1432393456841771 2841898650521567232 n

大根のトマト煮込みに必要な材料は、大根1/3本、玉ねぎ1/2個、ニンニクひとかけら、鳥もも肉250g、トマトの水煮400g、ローリエ1枚、砂糖小さじ1、コンソメ顆粒小さじ2、塩胡椒、生クリーム大さじ1、オリーブオイルになります。
入れる具材は好みに合わせていろいろ変えてみましょう。
根菜類やキャベツなどを入れても美味しく仕上がります。

気軽に作れるレシピ

鳥もも肉は食べやすい大きさにカットしましょう。
玉ねぎはくし切りにし、大根は乱切りにします。
ニンニクはみじん切りにしてください。
大根は下ゆでをします。
鍋にオリーブオイルをしいたら、玉ねぎとニンニクを炒めてください。
玉ねぎがしんなりしてきたら、鳥もも肉も加えて炒め合わせます。

vegefruyukikoさんの投稿
21690331 2039193549644600 7331696069773885440 n

鳥もも肉の色が変わったら大根を加えて炒めてください。
全体に油がまわったらトマトの水煮とローリエ、砂糖、コンソメ顆粒を加えて落し蓋をし、煮込みます。
全体に熱が通ったら塩胡椒で味を整え、生クリームをまわしかけたら完成。

大根の特徴を生かした使い方でおいしい煮物料理を作ろう!

kayootokouさんの投稿
18812810 755611504610654 7274738794769678336 n

美味しい大根の煮物を作るためには、大根の部位の特徴をチェックしておくことが大切です。
大根の下処理をしっかり行うことによって味をしみこませやすくするのもポイント。
大根の特徴を生かして、おいしい大根の煮物を作りましょう!

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事