iPhoneでポートレイトを撮るならビッグマックの空き箱を使おうぜ

たった数百円でこんなドラマティックな写真に大変身!

フランスのマルセイユで活躍する写真家フィリペ・シャルーさん。
突如として彼は、iPhoneでポートレイト写真を撮るよう任務が与えられました。
プロの撮影には三脚やレフ板などさまざまな道具が必要なのですが…? 彼に認められたのは、懐中電灯とビッグマック(のセット)という荒唐無稽なアイテムのみ。

ですがこれで、さすがプロフェッショナル! と唸るような作品が撮れてしまうんです。
動画でそのテクニックを学んでみるとしましょう。

Video: Philippe Echaroux

なるほど。
一眼レフに装着するストロボを天井に向け、光のバウンスで人物をきれいに撮る方法がありますが、空き箱の内側をリフレクター代わりに使ったというワケなんですね。
しかもストローは、箱が閉じないようつっかえ棒にする絶妙なアイディアも炸裂。

取った写真は「VSCO Cam」、「Adobe Photoshop Fix」、「Adobe Lightroom mobile」といったアプリで加工。
最後に、さらなる光の反射を出すべく空き箱の内側をポテトの油でベトベトにするという荒業が紹介されました。

みなさんも、バリューセットを買ったら挑戦してみてはいかがでしょうか?

Image: YouTube
Source: YouTube

(岡本玄介)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事