街中にゾンビが大量発生! ARで遊ぶモバイルゲーム版『ウォーキング・デッド』

ゾンビ・アポカリプスの疑似体験ができる!

街角でスマートフォンを覗き込むとポケットモンスターがいる『ポケモンGO』と同じように、モニター越しに大量発生するゾンビを次々に倒していくARゲーム『ザ・ウォーキング・デッド:アワー・ワールド』が登場します。

言わずもがな、これは大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』をゲーム化したアプリ。
そこかしこに落ちている銃火器や刀をゲットし、ウォーカーたちに立ち向かいます。

Video: Next Games/YouTube

動画にも出てきますが、THE VERGEによりますと、ダリルやリック、ミショーンといったドラマでお馴染みのキャラクターたちも一緒に戦ってくれるようです。
まるでドラマの登場人物になった気分になれるのはファンにとって願ったり叶ったりかと思います。

ディベロッパーのNext Gamesは、同じく『ウォーキング・デッド』のストラテジー・ゲームで1600万ダウンロードを誇る『ザ・ウォーキング・デッド:ノー・マンズ・ランド』を作った会社です。
なのでそっちからキャラクター・デザインなどを移行させてARゲームに作り変えたのでしょうか?

Next Gamesの公式ツイッターアカウントからのつぶやきもどうぞ。

スワイプ操作でウォーカーたちをブった斬り、自動小銃で撃ち殺し、手榴弾でまとめて吹き飛ばすのは爽快感が味わえそう。
ただポケモンと同じく、場所を選ばずゲームに没頭すると自分が危ない目に遭ってしまうかもしれないので、プレイには注意が必要そうですね。

『ポケモンGO』とは違い、とてもリアリスティックな本作。
実際にプレイしたらどれほど没入できるのか楽しみです。
リリース日は未定であるものの、iOS/Android対応で開発が進められているとのこと。

最後にTechCrunchのツイートによるデモプレイの様子もお楽しみください。

Image: YouTube
Source: YouTube, Twitter(1, 2)via THE VERGE

(岡本玄介)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事