自分でプログラムできるArduino/Scratch互換のスマートウォッチwatchX

自分でプログラムできるArduino/Scratch互換のスマートウォッチ「watchX」


スケジュール管理やヘルスケアなど多用途に使えるスマートウォッチですが、自分に必要なアプリが登場するのを待つ必要があります。
しかし、Arduinoベースのスマートウォッチプラットフォーム「watchX」では、自分が欲しい機能があるならば、それを開発してスマートウォッチに搭載することが可能です。

watchX – Wearable Development Platform – YouTube


自分だけのスマートウォッチを開発しようとすれば、ブレッドボード・各種センサー・煩雑なケーブルを小さくまとめる難しさと、何よりも古びた開発プラットフォームしかない状況など、悩みはつきないはず。


そんな自分だけのスマートウォッチを作りたいというメイカーのために開発されたのが、自分でプログラミングできるスマートウォッチ「watchX」です。


watchXは1.3インチ(128×64ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載するウェアラブル端末。


Arduino互換なので、Arduino IDEを使って自分でプログラムすることが可能です。


通常の時計機能だけでなく、Bluetooth接続、加速度計、圧力計、ブザーなどスマートウォッチに必要な機能を完備しています。


watchXのプログラミングは、USBケーブルを使ってPCと接続すればOK。


Scratch互換があるためGUIを使ったプログラミングが可能。


子どもたちは、自分のために自分用のスマートウォッチプログラムを作る過程で、プログラミングや工業デザインなどを学ぶことができます。


フィットネス用途はもちろん……


トレーニングにもOK。


フリークライミングをするなら、高度計を使ったプログラムを書けばいいのです。


watchXにはケースが付属しません。


しかし、専用ケース向けの3Dデータが提供されるので……


3Dプリンターを使って、自分で出力できます。


腕時計にせずとも、ストップウォッチやアラーム用にしてもOK。
普通の時計として使うことももちろん可能です。


デフォルトでゲームモードを搭載しているのでいるので……


レースゲームや……


「ブロックくずし」をプレイできます。
もちろん、自作のゲームをインストールして楽しむこともOKです。


watchX開発者のムスタファさんとエネスさん。
watchXは若い技術者のために作られた端末で、インダストリアルデザインを学ぶツールとしても開発されているとのこと。


Scratchでプログラムを開発できるwatchXですが、Atmel Studioを使ってコードをコンパイルすることも可能。


低レベルのコードとライブラリが提供される予定で、上級ユーザーでもプログラムを楽しめます。

自分でコードを書いてプログラム可能なウェアラブル端末プラットフォーム「watchX」は、量産化を目指してクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中。

watchX – Wearable Development Platform | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/watchx-wearable-development-platform-arduino/

記事作成時点では、watchXプロジェクトへの出資では、watchXキット×1とシリコンバンド付きの「Early Bird」パックが69ドル(約7600円)、日本への送料は12ドル(約1300円)でゲット可能。
2018年2月第1週の発送が予定されています。

watchXプロジェクトへの出資期限は2017年10月11日までとなっています。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事