個人間の荷物預かりサービスmonooQが正式公開

 Libtownは9月15日、個人間の荷物預かりサービス「monooQ(モノオク)」を正式に提供開始すると発表した。

 monooQは、個人の使っていない部屋や押入れ、余っている倉庫、部屋の一角などをトランクルームとして活用できるサービス。
余っている場所を活用するため、従来のトランクルームより安く荷物が預けられ、高い、遠い、手続きが面倒で不透明といった課題を解決できるとしている。

 サービス開始時はウェブブラウザでの提供となり、利用料金(目安)は1畳で5000円。
料金については、場所や大きさ、そのほか付加サービスによって預かるホストが金額を設定する。

 同社では、8月からベータで運用を開始。
約1カ月で200カ所のホスト登録があり、2017年内に3000カ所まで拡大する予定だという。
都内23区において認知をあげ、登録場所の使用率60%を目指す。
また、物件オーナーの協力を得て、社会問題になっている「再配達」や「空き家」といった問題の解決にも取り組むとしている。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事