ドローン向け保険Verifly–保険料は1時間10ドルから500万ドルまで保証

 Verifly Insurance Servicesは、ドローンで起こした事故による損害をカバーするための保険サービス「Verifly」を米国で提供している。
保険料は飛行させるエリアや時間に応じて決まり、1時間10ドルから。
最大で500万ドル保証するという。


1時間10ドルからのドローン保険サービス(出典:Verifly Insurance Services)

 この保険は、1年間といった期間を決めて契約するのではなく、ドローンを飛ばすたびに契約できるオンデマンドタイプ。
飛行を始める前に用意されているiOS版またはAndroid版のアプリで飛行エリアやドローンの重量などを指定し、料金と保証条件を確認すると契約が結べる。
学校やスタジアムなどを含む飛行エリアを設定すると、リスクが高いとして保険料が高くなる。


飛ばすたびに保険を契約(出典:Verifly Insurance Services)

 個人がリクリエーションで楽しむ飛行でも、企業などが実施する商業目的の飛行でも利用可能。
ただし、対象となるドローンの重量は35ポンド(約15.9kg)までに限られる。

 さらに、Veriflyのアプリはドローンの飛行状況をリアルタイムに確認しており、飛行禁止エリアや危険な場所に近づくと警告を発してくれる。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事