Lyft2017年中にもカナダ進出か–米国外でさらなる展開拡大も視野?

 UberとLyftの大きな違いは、Uberが70カ国以上で事業を展開しているのに対し、Lyftはほぼ米国内にとどまっていることだ。
しかし、そうした状況は変わるかもしれない。

「敵の敵は味方」?--AlphabetがLyftに10億ドル出資を計画か
「敵の敵は味方」?–AlphabetがLyftに10億ドル出資を計画か

 The Informationの報道によると、Lyftは早ければ2017年中にもカナダに進出することを検討しているという。
カナダでの事業が成功すれば、オーストラリアやニュージーランド、メキシコ、英国など、さらなる市場に参入する可能性もある。

 Lyftはこの1年間に米国内の何十もの都市でサービス提供を開始しており、現在では、Uberに匹敵するほどさまざまな場所で目にするサービスとなっている。
現在、全米の40州でサービスを提供している。

 米CNETはLyftにコメントを求めたが、回答は得られていない。


提供:Lyft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事