敵の敵は味方?–AlphabetがLyftに10億ドル出資を計画か

 Googleの親会社であるAlphabetは、「敵の敵は味方」という古くからある格言を取り入れようとしているようだ。

 Alphabetは、配車サービスを展開する新興企業Lyftに10億ドル出資することを検討していると、Bloombergが米国時間9月14日に報じた。
LyftはUberの主な競合先でもある。

 Google、またはAlphabetの投資部門であるCapitalGのいずれかが出資する可能性があるという。

 実現するかもしれないこの出資は注目すべき動きだ。
なぜなら、Alphabetの自動運転車部門であるWaymoは2月以降、Lyftの競合であるUberと泥沼の係争を続けているからだ。
Waymoは、GoogleのエンジニアだったAnthony Levandowski氏がUberに加わった際、Uberが企業秘密を盗んだと主張している。

 AlphabetとLyftはいずれもコメントを控えた。

Lyft
LyftはGoogleの親会社Alphabetから10億ドルの出資を受けることになるかもしれない。

提供:Lyft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事