ハリケーンハービーが去った後に地獄レベルの蚊が発生

一瞬で体がザワザワしてきます。

8月末からアメリカ・テキサス州に破壊的な被害をもたらしたハリケーン「ハービー」。
甚大な洪水を起こしただけでなく、なんと蚊の大量発生まで引き起こしました。
大量って何百万の単位です。
しかもめちゃめちゃ噛む蚊なんです。
洪水によって大量の蚊が発生したことで、蚊が媒介する疾病の恐れがあると公衆衛生局が警告しています。

疾病管理センター(CDC)は、大きな洪水のあとは休眠卵が孵化し、蚊が急激に生まれると説明しています。
また「洪水蚊(Floodwater mosquitoes)」は一般的な危険疾病を媒介する蚊とは違い、ほとんどの蚊は不愉快ではあるものの、ウィルスを拡散することはないと考えられているとのことです。
しかし、ジカ熱、デング熱、ウエストナイル熱などを媒介する恐れのある蚊もいるとも警告しています。
とりあえず、その蚊がどれだけ大量なのかを動画でご覧ください。

Video: Tyler Bennett/YouTube

「不愉快」の言葉そのものです。
養蜂なの?というレベルです。
顔のネットがなかったらと思うとぞっとしますね。
でもこの蚊の数もひどいですが、何が一番ひどいかというと噛みまくるという点です。
他にも写真があるので、ご覧ください。
生き地獄!

こっちもひどいです。
ハエかって思うほどデカいですね。

テキサスA&M大学のCharles Allen准教授は「不愉快」なんていう言葉はこの蚊を甘く見ていると語っています。

Allen准教授はプレスリリースの中で「目に見える大量の蚊と蚊に噛まれることで、蚊の発生が尋常ではないことに気づくでしょう。
もちろん不愉快ですが大切なことは、この蚊は病気を媒介する蚊ではないと言うことです。
今の所、ジカ熱、ウエストナイル熱の報告は受けていませんが、時間が経つとジカ熱やウエストナイル熱発生の恐れも出てきますが」と記述しています。

実はウエストナイル熱(発熱や皮膚発疹などの症状が見られる)については懸念あるんです。
というのは、2002年からテキサス州にウエストナイル熱のウィルスは存在していて、去年は370件の症例が報告されているからです。
ハービーの影響を受けた地域では被害直後は蚊が大量発生しましたが、1番注意しなければならないのが、しばらくしてからまた発生する蚊。
2005年のハリケーン「カトリーナ」の際、ニューオリンズではウエストナイル熱ウィルスは懸念される問題ではありませんでした。
しかし翌年、その地域でのウエストナイル熱の症例数が2倍となったのです。
まさに蚊の倍返しです。

写真だけじゃなくて、私はこれを書いているだけでも痒くなってきました。

Image: YouTube/Tyler Bennett
Source: AgriLife Today, Centers for Disease Control and Prevention, YouTube

Adam Clark Estes – Gizmodo US[原文]
(岩田リョウコ)

こちらからコメントの記入が行えます

*