鈴木砂羽さんに土下座を強要されたとして降板した女優側が、

舞台の運営側にひどい要求をしていたという噂が浮上。

一体その真相とは?!

 

 

土下座騒動の真相とは?!

女優・鈴木砂羽さん(44)が主演&演出を担当する舞台「結婚の条件」が13日、東京・新宿のシアターモリエールで初日を迎えました。

同作は公演初日の2日前に、女優・鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が急きょ降板して騒動となっております。

降板した鳳さんのブログには、鳳さんと牧野さんが2日間ある通し稽古のうち1日しか参加できないことに対して、

鈴木さんから罵倒され、土下座を強要されたとありました。

また初公演の2日前にこの2人は舞台を降板しております。

牧野

舞台を手掛けた「劇団クロックガールズ」の主宰者で、脚本家の江頭美智留氏(54)のマネジャーが終演後、降板した2人の側の主張はほぼ虚言であると断言。

その真相が驚くべきものでした…。

 

降板女優側から電話で迫られていた?!

降板女優2人は江頭氏の“信者”と呼べるほど江頭氏を崇拝しており、

演出を担った鈴木が江頭氏の書いた台詞を書き換えるなどしたことに良い感情を持っていなかった可能性をマネージャーは語りました。

降板した2人には満額のギャラが払われたとの一部報道については「江頭にミスがあったことの誠意を示すという意味で、ギャランティーは満額払いたいという話があった」としつつ、「初日の幕が開くまでに振り込んで欲しいという話だったんですが、その日の晩に(2人の)ブログが上がってしまったので、『一度、前向きなお話をさせていただいてから振り込みたい』という連絡をしたら、そこで話は止まっている」と現状を語りました。

またこのような電話があったことも語っております。

「1つはっきりさせておきたいところがありまして、(2人が)最終的に降板するとなったときに、先方の希望は公演中止だった。

もしくは、鈴木さんのパワハラによる降板というのを公式に発表するのか、どちらかを選んで下さいということだった

これはひどいですね…。
もし本当であれば脅しとも取れますね。

さらに、2人の所属事務所の社長から「幕は開きませんよ」「差し止めしますよ」「週刊誌から土下座の取材がうちに来ていますので」といった言葉を、11日未明に約5時間の電話で突きつけられたと明かし、

「そんな事実がないのに、砂羽さんのパワハラというのが表に出てしまったら、自分がお願いしたのに申し訳ないという思いで、(江頭氏が)一度は中止を考えました」と経緯を説明しました。

土下座させられた等の話は置いといも、そもそも、公演2日前に降板するって何考えてんですかね。

どれぐらい周りに迷惑がかかるか、子どもでもわかりますよね…。
この降板女優2名にはプロ意識が感じられないですね。

今後、公演2日前にドタキャンする女優を使いたいと思う人がいるのでしょうか。