Surface Book/Studioの新型きちゃう? Microsoft10月31日からSurfaceイベントを開催へ

Appleの次はMSです。

Microsoft(マイクロソフト)が今年5月に発表した「Surface Laptop」や「Surface Pro」はもちろん魅力的ですが、パワーユーザーならやはり「Surface Book」が気になるはず。
そんな期待に応えてくれるかもしれない、カンファレンスイベント「Future Decoded」がロンドンで10月31日から11月1日にかけて開催されます。

The Vergeが報じた今回のイベント情報。
Microsoftは昨年10月末にもイベントを開催していて、「Surface Book」と「Surface Studio」を発表しています。
ということは、今年のイベントではSurface BookやSurface Studioアップデートに期待せずにはいられませんね。
またLTE通信に対応した「Surface Pro」が追加される可能性も考えられます。

その他にも、ARMベース…つまりスマホやタブレット端末と同じSnapdragonやTegraを搭載した、「Surface RT」や「Surface 2〜3シリーズ」のような安価なラップトップがMicrosoftから、あるいはサードメーカーから登場する計画もあると聞きます。
すでにWindows 10はARMに対応すると発表されているのでされているので、何かしらの端末が発表されてもおかしくはないでしょう。
個人的にはあまり食指が動かないジャンルなのですが、価格設定次第ではワンチャンあるかもしれませんね。

現在ライバルとなるApple(アップル)のMacBookはUSB-Cポート以外を廃止したり、Touch Barを導入したりと先進的な試みを導入しているのですが、まだその変化が100%消費者に受け入れられたとは言えない状況です。
今こそMicrosoftが魅力的なSurfaceラインナップを導入して、市場シェアを獲得するチャンスなのかもしれませんね。

Image: JuliusKielaitis/Shutterstock.com
Source: Microsoft, The Verge
Reference: Engadget

(塚本直樹)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事