失ったiPhoneの象徴 これまでの常識操作はiPhone Xでこう変わる

iPhone X狙いの方は予習をどうぞ。

iPhoneシリーズで初めてホームボタンが無くなることになった「iPhone X」。
そのため、これまでiPhoneの「常識」であったいくつかの操作がiPhone Xではジェスチャーへと置き換わっています。

例えば「ホーム」に戻るには、画面下部から一回上にスワイプします。
従来のiPhoneでは「コントロールセンター」を呼び出す動きに近い操作ですね。
スワイプした指を止めておくと、マルチタスキングのアプリ選択画面になります。
ホームボタン2度押しと同じ操作です。

では「コントロールセンター」はどこへ行ったか?というと、画面の右上から下にスワイプで呼び出せます。
Rene RitchieさんのTweetによると、逆に左上からスワイプすると「通知センター」が出てくるようです。

170913mak01
Image: Apple

Siriを呼び出すにはサイドボタン(旧・スリープ/スリープ解除ボタン)を長押し。
ApplePayを利用する時はサイドボタンの2度押しとなります。
また、iMoreによれば、画面のスクリーンショットを撮影するには、サイドボタン+ボリュームアップボタンとのこと。

現時点までに判明している操作をまとめると以下のようになります。

170913mak02
Image: 小暮ひさのり

まだApple公式マニュアルには記載がありませんけど、おそらく非常時の強制再起動はホームボタンがタッチセンサーとなったiPhone 7シリーズ同様、サイドボタン+ボリュームダウンボタン長押しといった操作になると思われます。

ベゼルレスの大画面は確かに魅力的です。
しかし、直感的に使えてわかりやすい、ホームボタンというiPhoneの象徴を失うことになったのは、進化ゆえの大きな代償であるような気もするのです。
この変更には賛否両論出てくることでしょうし、そういった意見も踏まえた上での「iPhone 8/8 Plus」、「iPhone X」の2ラインナップなのでしょうね。

テクノロジーの新しさ VS 変わらぬ使いやすさ

どちらがより多くの支持を集めるのでしょうか。
その答えは…供給が安定するであろう今年度末くらいには出るのかなぁ〜。

Image: Apple, 小暮ひさのり
Source: Apple, Twitter, iMore

(小暮ひさのり)

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事