HKT48の整形モンスター・兒玉遥のアバター顔面と鼻筋を高須院長が指摘!画像

ファンの間で暗黙の了解の整形モンスター「兒玉遥」

整形工房AKBの中で、ダントツの整形モンスターとなったHKT48兒玉遥。
ファンの間では「はるっぴ」の愛称で人気だが、そのファンの間でも実しやかに囁かれていたのは、

「整形モンスター」という、影の愛称。

キレイになりたいという願望誰でもある。
アイドルなら尚更、他とアイドルとの差別化に勤しみ、ついには人間離れをした顔面を手に入れてしまうのだ。

一度手を付けたら、麻薬の如く抜けられないという整形。

兒玉遥も、抜けられなくなったその1人だろう。

イエス!高須クリニックの高須医院長も整形を指摘!

あるツイッター民から、兒玉遥の画像と一緒に「2年でこんなに鼻が高くなるのか?」という問いに、ズバッと「ヒアルロン酸の打ちすぎ」と。

ヒアルロン酸はプチ整形という概念を覆す、打ちすぎはプチではなく整形の範囲という答えが。
それに加え、お直しした方がいい事と、戻すのなら自分が治してあげると、辛口の後に優しいお言葉(?)まで。

極めつけは「はるっぴの事しっているのか?」のツイに、
「アパターのようなお嬢さん」と・・・

高須先生は、メスの切れ味のようなジョークまでサクッと言いのけています。

高須先生はアパターと書いていますが、おそらく「アバター」の事を指しているかと思います。

何故なら、鼻の高さが瓜二つだからです。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事