淀川聖司の顔写真の画像流出!仙台地裁で傍聴人2人を刺した盗撮犯はV系歌手だった?女子高校生に精液かけた前科も?

仙台地裁で傍聴人2人をカッターで刺した淀川聖司の顔写真の画像流出!

ヴィジュアル系イケメンには体液をかけた前科も!?

仙台地裁で傍聴人2人を刺し、殺人未遂の罪で再逮捕された淀川聖司容疑者(30歳)の顔画像がネットに流出しています。
調査の結果どうやら淀川誠司容疑者はV系アーティストとしてデビューしたばかりの人物であり、YouTuberとしても活動していた人物であったようでした。

迷惑防止条例の裁判中に…

傍聴人2人を刺して暴言!

「この腐った司法制度が」と叫び警官切りつけ

「この腐った司法制度が」と叫び警官切りつけ

淀川聖司容疑者が傍聴人2人を刺したのは仙台にある仙台地方裁判所。
淀川容疑者は6月16日午前10時ごろに行われた裁判の判決宣告中に突然「この腐った司法制度が!」などと叫び出し、暴言を続けながら傍聴席の柵を乗り越えて40代の警官2人を切りつけました。

“迷惑防止条例違反”の内容は盗撮

“迷惑防止条例違反”の内容は盗撮

行われていた裁判の内容は“迷惑防止条例違反”の疑いによる刑事裁判。
淀川聖司容疑者は今年の1月20日に仙台市内の駅のホームで女性を盗撮したとして逮捕されており、現在保釈中の身の上でした。
盗撮は現物として証拠の残る罪のため、冤罪の可能性は限りなく低いと思われます。

刺された警察官の容体は!?

刺された警察官の容体は!?

果物ナイフやカッターナイフで顔や背中、そして腹部を刺されて怪我を負った警察官2人ですが、幸いにも病院搬送後も意識があり命に別状は無かったのだそう。
ちなみに、切りつけられても2人の警察官は淀川容疑者への押さえつけをやめなかったのだとか。
淀川容疑者は殺人未遂で再逮捕されましたが、被害が警察官2人だけで済み他の傍聴人にまで広がらなかったのはこの2人のおかげだったのかもしれませんね。

仙台地裁に金属探知機は無かった?

仙台地裁に金属探知機は無かった?

金属探知機はほとんどの裁判所に設置されているのですが、仙台地裁は今回の裁判前に淀川聖司容疑者への金属探知は行っていませんでした。
裁判前の金属探知が必ず行われているのは東京・福岡・札幌の高等地方裁判所と東京の家庭裁判所だけだそうですので、今後は再発防止が課題になるかもしれません。

殺人未遂で現行犯逮捕の淀川聖司容疑者の顔画像が流出!

淀川聖司容疑者(30)の顔写真

V系ロックアーティストとしてデビューしていた!

V系ロックアーティストとしてデビューしていた!

テレビ報道では公開されていなかった淀川聖司容疑者の顔写真ですが、ネット上では既に淀川容疑者の顔写真が出回っており、職業不詳とされていた現在の経歴まで明らかとされているようです。
ネット上に流出していた情報によると、なんと淀川聖司容疑者は現在V系ロックアーティストとしてデビューしているMr.Crazy YODY という人物であり、既に楽曲もリリースしている男性でした。

Mr.Crazy YODY が、苦しい中でもがき、苦しみながらも、音楽家としての情熱とプライドと魂を込めて試行錯誤し、作曲したオーケストラ楽曲!!!!!

Mr.Crazy YODY こと天才、淀川聖司氏 が5拍子のオーケストラ作曲に挑んだ意欲作!!!!!

2017年5月20日にリリースされた楽曲『5 Limited』の紹介文

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事