薬事法違反の山本化学工業が作ったアセトアミノフェンが使われている市販薬の名前が判明!安全な市販薬はどれ?

山本化学工業が薬事法違反で出荷自粛

中国製のアセトアミノフェンを故意に混入!

国内最大手の原薬メーカーである山本化学工業株式会社に薬事法違反が発覚し、これまで販売されていた痛み止めの鎮痛剤などに混ぜ物がされていた事が判明しました。
そこで、山本化学工業の出荷したアセトアミノフェンが入っている可能性が高い市販薬の名前と同じ効果でアセトアミノフェンが使われていない市販薬の名前を紹介しています。

山本化学工業株式会社ってどんな会社!?

国内最大手のアセトアミノフェン出荷メーカー

従業員数わずか30名で8割のシェア

従業員数わずか30名で8割のシェア

『山本化学工業株式会社』は従業員数わずか30名の中小企業でありながら日本のアセトアミノフェン製造国内シェア8割を誇る日本トップクラスの原薬製造会社です。
山本化学工業の本社や製造工場は和歌山県にあるのですが、そこは工場と会社が一体となった本当に小さな工場であり、一目見ただけでは日本の原薬製造を牛耳る大手メーカーとは全く分からないひっそりとした外見となっておりました。

中国産アセトアミノフェンを無許可で混入し水増し

中国産アセトアミノフェンを無許可で混入し水増し

小規模な見た目でありながら大手製薬会社といくつも取引を持ち、様々な市販薬の製造に関わっていた山本化学工業。

しかし、今年の5月にその山本化学工業が製造しているアセトアミノフェンの中に水増しのため無許可で中国産の安いアセトアミノフェンが混ぜられていたことが判明し、医薬品医療機器法(薬機法)違反で厚生労働省から立ち入り検査を行われていたことが判明しました。

山本化学工業はこの中国製のアセトアミノフェン混入について認めており、数年前から少なくとも1割~2割の中国産アセトアミノフェンを混入したアセトアミノフェンを国産アセトアミノフェンとして製薬会社に出荷していた事を明かしています。

アセトアミノフェンとは

解熱・鎮痛剤として使用

風邪薬や痛み止めとして人気

風邪薬や痛み止めとして人気

アセトアミノフェンとは、痛み止めや風邪薬などで多く使われている解熱・鎮痛効果のある薬品です。
他の鎮痛剤と違って抗炎作用は弱いのでリウマチなどといった炎症が原因の痛みには効果がありませんが、胃に優しく効果が緩やかである事から薬に弱い人にピッタリの成分となっています。

また、他の鎮痛剤と比べて安価である事も人気の秘訣となっているようです。

子供用の薬にも多用

子供用の薬にも多用

胃に優しく長期的に利用しても副作用が少ないとして安全性の高い薬であるとされるアセトアミノフェンは子どもや赤ちゃん用の熱さましとしても多用されており、子供用の風邪薬や痛み止めにも数多く利用されています。

山本化学工業のアセトアミノフェンの使用確率の高い市販薬の名前は!?

的中率は8割以上!アセトアミノフェン含有市販薬一覧

山本化学工業が出荷したアセトアミノフェンが使われている可能性の高い大手製薬会社の痛み止めや風邪薬の市販薬を紹介します。
今回はアセトアミノフェンが含まれている市販薬の中で表側のパッケージにアセトアミノフェン使用と書かれていないものだけをピックアップしてみました。

『プレコール持続性カプセル』(第一三共ヘルスケア)

『プレコール持続性カプセル』(第一三共ヘルスケア)

表側のパッケージにイソプロピルアンチピリン配合とありますが、イソプロピルアンチピリン量は300mg、アセトアミノフェン量は450mgとアセトアミノフェン含有量の方が多く主成分はそっちとなっている風邪薬。

『パブロンSゴールドW』(大正製薬)

『パブロンSゴールドW』(大正製薬)

風邪薬の最大手一角。
こちらと同じく『パブロンSa』・『パブロンゴールド』もアセトアミノフェンが主成分となっています。
粉薬でも錠剤でも成分は同じなので注意。

『こどもパブロン坐薬』(大正製薬)

『こどもパブロン坐薬』(大正製薬)

坐薬の他、シロップ状の『パブロンKids』もアセトアミノフェンが使われているようでした。

『バファリンプレミアム』(ライオン)

『バファリンプレミアム』(ライオン)

種類の多いバファリンシリーズですが、『バファリンプレミアム』の有効成分はアセトアミノフェンのようです。

『バファリンルナ』シリーズ(ライオン)

『バファリンルナ』シリーズ(ライオン)

女性に嬉しい『バファリンルナ』ですが、『バファリンルナi』・『バファリンルナJ』どちらも主成分はアセトアミノフェンです。

『ノーシン』シリーズ全般(ARAX)

『ノーシン』シリーズ全般(ARAX)

『頭痛にノーシン』のキャッチフレーズで有名なノーシンシリーズは『ノーシンピュア(小中学生用除く)』『ノーシンエフ200』以外全てにアセトアミノフェンが使われています。

アセトアミノフェンが使われていない市販薬の名前は!?

痛み止め・風邪薬でアセトアミノフェン不使用の市販薬の名前一覧

同じ効果を持つ痛み止めや風邪薬の中でアセトアミノフェンが使われていない市販薬はこちら。
こちらの方が今のところ先ほどのものより安全性が高いといえるでしょう。

『バファリンA』(ライオン)

『バファリンA』(ライオン)

『バファリンプレミアム』と見た目は似ていますが、こちらの有効成分はアセトアミノフェンではなくアスピリンです。
アスピリンは胃が荒れる成分として知られていますが、ライオンは胃に優しい成分を配合する事でその副作用を弱めているそう。

『バファリンEX(風邪用・痛み止め用どちらも)』(ライオン)

『バファリンEX(風邪用・痛み止め用どちらも)』(ライオン)

こちらもバファリンシリーズの一角。『バファリンEX』の有効成分はロキソプロフェンですので痛み止め用・風邪用どちらも安全です。

『パブロンエースAX』(大正製薬)

『パブロンエースAX』(大正製薬)

こちらの有効成分はイブプロフェン。
こちらは抗炎作用もありますのでのどの腫れにも効果的です。

『ナロンエースT』(大正製薬)

『ナロンエースT』(大正製薬)

こちらも有効成分はイブプロフェン。グレーのパッケージの『ナロンエースR』はそれに加えて胃膜保護成分も含まれているようですので予算に合わせて購入しましょう。
アルファベットのついていない『ナロン錠』『ナロン顆粒』にはアセトアミノフェンが含まれていますので要注意。

『ロキソニンS』(第一三共ヘルスケア)

『ロキソニンS』(第一三共ヘルスケア)

こちらは名前通り痛み止め成分はロキソプロフェン。
最近市販を許された最も痛み止め効果の高い市販薬として有名ですね。

しばらくの間は購入する市販薬の成分に注意

数年の間食品偽造にも近い水増し製造を続け、中国産のアセトアミノフェンの混入を続けてきていた山本化学工業。
現在山本化学工業は全ての製造を中止し出荷を自粛しているようですが、バレる前に売られてしまった薬は回収することが出来ません。

この会社の作った薬を避けるためにも痛み止めや風邪薬にはしばらく注意したいものですね。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事