小池百合子都知事が五輪ボランティア制服のデザイン変更を発表!「ダサい」と炎上の前制服は韓国のパクリ?デザイナーの名前は誰?

小池都知事が五輪ボランティア制服のデザイン変更を発表

ダサイと炎上中だった前制服のデザイナーの名前は!?

小池百合子都知事が発表直後から「ダサい!」「韓国のパクリ」などと批判の的となり、不満一色であった東京五輪ボランティアユニフォームのデザインを変更することを発表しました。

この声明に対し、ネット上では小池都知事への絶賛の声が相次いでいます。

五輪ボランティア制服って?

東京五輪時に外国人観光客を案内する役割

東京都の観光案内係

東京都の観光案内係

五輪ボランティアユニフォームとは、東京オリンピック2020開催に向けて現在東京都の観光ボランティアの方が着用を義務付けられている制服の事です。
観光ボランティアの方は東京にやって来た外国人旅行者へ道案内やオススメ観光スポットの紹介を行うなど『街なか観光案内』スタッフとして活躍しており、東京の魅力を広めるため今日も画像のように無償で活動を続けてくれています。

変更前の五輪ボランティア制服デザインは?

2015年6月に発表された制服デザイン

2015年6月に発表された制服デザイン

こちらが現在の東京五輪ボランティア制服。
一見白いワイシャツの上に青いベストと日本の日の丸が入ったしま模様のネクタイをつけたフォーマルな姿に見えるこの姿なのですが、この青いベストやネクタイはただのプリント。

1枚のポロシャツにベストとネクタイの絵をプリントしただけのかなりだまし絵チックなデザインです。

このデザインのユニフォームは3015万円の費用をかけて現在3735枚が製作され、2015年の6月からボランティアの方が着用していますが…デザインの発表直後からこのデザインに対して批判の声が相次いでおり、世間は不満の声一色となっていました。

発表直後から『ダサい!』と批判の嵐

発表直後から『ダサい!』と批判の嵐

最も多く上がった不満の声は「ダサい!」という声。
ベストやネクタイの絵がプリントされたポロシャツという個性的過ぎるトップスや黒いハットについた日の丸ハチマキなど日本らしくないデザインに発表直後から悲鳴のような不満の声が噴出し、変更を希望する声が以前から続いておりました。

「ダサい!」と炎上した前ユニフォームのデザイナーは誰?

若手デザイナー・藤江珠希がデザイン

オリジナルブランドを持つ実力派デザイナー

オリジナルブランドを持つ実力派デザイナー

画像は問題の五輪ボランティア制服をデザインしたデザイナーの藤江珠希のもの。

藤井珠希は自身の名前を冠するオリジナルブランドを持ち、イギリスでの留学経験もある若手実力派デザイナーだったのですが、この制服のデザイナーとして名前が有名になってしまうと、ネット上での彼女の評判は最悪のものとなってしまいます。

藤江珠希のデザインした服

藤江珠希のデザインした服

藤江珠希ブランドの洋服。
自由に独自のワンダーランドを表現するタマキ・フジイブランドのファンは多く、無難さのない魅力的なデザインで人々を魅了する方だったのですが…。

デザイナーを無視したデザインが勝手に加えられていた!?

藤江珠希が描いたデザイン原画

藤江珠希が描いたデザイン原画

画像は藤江珠希が東京都に提出した一番初めの五輪ボランティア制服のデザイン原画。
日の丸のついたネクタイや青いベストはそのままですが、そもそもポロシャツプリントなどとは書いておらず、帽子の色は爽やかな青、ハチマキもシンプルなブルーのものです。

実際の五輪ボランティア制服

実際の五輪ボランティア制服

しかし、実際に発表された制服のデザインは原画の物とは大きく異なり、背中には『おもてなし東京』のロゴ、ハチマキは日の丸型のものに変更されていました。

この変更は東京都側が行ったものであり、デザイナーの意に沿ったものでは無かったのだそう。

前五輪ボランティアユニフォームは韓国のパクリ!?

制服デザインが韓国の伝統衣装のパクリだと話題に

韓国王宮守衛の衣装とそっくり!?

韓国王宮守衛の衣装とそっくり!?

画像は2015年6月に発表された五輪ボランティアユニフォームと韓国の王宮守衛が着る伝統衣装との比較画像。

黒い帽子に赤白のハチマキ、白い下地に青い上着と問題のユニフォームがこの伝統衣装と酷似していることから「韓国のパクリだ!」とネット上で揶揄されるようになり、オリンピックのロゴ盗作事件もあって制服デザインへの嫌悪感はより大きなものになっていました。

韓国観光ボランティア制服のパクリという意見も…

インフォメーションマークが韓国制服と一致!?

インフォメーションマークが韓国制服と一致!?

さらに問題となったのが、帽子部分や胸部分につけられているインフォメーションマーク。
『i』と描かれたこのロゴマークなのですが、このマークが韓国の観光ボランティアの制服に描かれているものと全く同じであり、一部Twitter民から韓国観光ボランティアのパクリではないかという指摘が上がっています。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事