浅田真央の父親・浅田敏治に逮捕歴?画像に職業は?母親との出会いはホストクラブでデキ婚?

引退の浅田真央の父親は女性を病院送りで逮捕されていた過去が!?

国民的スタ―の父親は一体どんな罪を犯した!?相手は誰!?

2017年4月10日ブログで引退発表

2017年4月10日ブログで引退発表

フィギュアスケート界で長年、活躍してきた第一人者の浅田真央さん。2017年4月10日、自身のブログで選手生活から引退することを発表。

12日には正式な引退会見を行い涙あり笑顔ありの会見をしています。本当にお疲れ様でした。

突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。

皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

浅田真央

2017年4月10日夜、競技選手としての現役引退をブログで表明し[95][96][97]、同12日に東京プリンスホテルで引退会見を開いた。今後はプロスケーターとして、アイスショーの舞台に立つ。

引退会見の様子

20170412【浅田真央選手・引退会見】 – YouTube

26歳という若さではあるものの引退を決意した浅田真央さん。これからの人生でも活躍が期待されます。

ところで、これだけ国民に愛されるスケーターになった浅田真央さんを育てた両親はどんな人物なのでしょうか。

姉の浅田舞さんにも様々な噂が…。

みていくことにしましょう。

浅田真央ってどんな人?

浅田真央・プロフィール

浅田真央・プロフィール

浅田真央さんは1990年9月25日、愛知県名古屋市の生まれ。フィギュアスケート選手として活躍。

2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。

5歳からスケートを始める

5歳からスケートを始める

5歳からスケートを始めた浅田真央さんは小学生時代から3回転アクセルの練習を始めスケートにのめり込んでいきます。

2004年のジュニアファイナルグランプリで金メダルを獲得してから国際大会で合計12個の金メダルを獲得する実力者になります。

好感度も抜群

好感度も抜群

オリコン調べの「好きなスポーツ選手ランキング」女性部門では2007年を皮切りに2009年、2010年、2011年、2013年、2014年で1位となっています。

競技者としての実力と万人から好感度も持たれる人物になっています。

母親の死去

2011年12月9日に死去

2011年12月9日に死去

浅田真央さんの母親は浅田匡子さん。浅田真央さんが大活躍してた時期の2011ー2012年シーズン中の2011年12月9日に亡くなります。

カナダでグランプリファイナルの開幕直前から病状が悪化して浅田真央さんは帰国しますが肝硬変のために亡くなってしまいます。

母親の死を乗り越えて葬儀の翌日から練習を再開。その後の日本選手権では優勝を果たしてお母さんに捧げることになります。

エッセイ集の出版中止騒動

2012年、浅田真央さんはエッセイ集を発売予定でした。しかし、発売直前にお蔵入り。

理由はエッセイ集の広告で使われたコピーが原因のようです。

ポプラ社が企画した『大丈夫、きっと明日はできる』という書籍が、発売直前になってお蔵入りしてしまったんです。その後の報道により、同書の広告で使用された『ママ、ほんとうにありがとう』というコピーについて、浅田本人が『亡くなった母親を商売に利用したくない』と強く希望したため、ポプラ社とトラブルになったことが明らかとなりました。当初出版が企画された時点で、浅田の母は健在だっただけに、浅田の主張はごく真っ当なもので、ポプラ社に対する批判の声が噴出したんです」(スポーツ紙記者)

浅田真央の父親・浅田敏治には逮捕歴がある!?

浅田真央さんの父親の名前は、浅田敏治さんといいます。

国民的スターを支えた父に、まさかの逮捕歴が!?

それも1度の逮捕ではないようなのです。

一体どんな罪を犯したのでしょうか!?
相手は誰!?

過去3度の逮捕歴

2015年7月30日発売の週刊新潮で暴行容疑で逮捕されていたと報じています。
当時の交際相手の女性に暴行を振るい、その女性が病院に緊急搬送されたのちに逮捕されます。

『週刊新潮』によると、真央が復帰宣言した直後の5月23日、父・敏治氏が逮捕されていた。前日の22日、敏治氏は交際相手の50代女性に対して暴力を振るったため、身の危険を感じた女性が警察に通報。女性は病院に緊急搬送され、敏治氏が逮捕されたという。

浅田敏治さんの逮捕歴はこれだけではないとも言われています。

「そして匡子さんが死去した後、敏治氏はこの女性と急接近。ところが次第に、暴言を吐いたり、暴力を振るうようになったそうです。そして今年5月に、携帯電話を見られたことに激高した敏治氏が、女性の顔やおなかを何度も蹴りつけ、結果110番通報された。女性は部屋着のまま部屋を飛び出し、敏治氏は勤務先の病院で逮捕されたそうです。当初は容疑を否認していた敏治氏でしたが、結局罪を認めて、略式起訴による30万円の罰金刑が確定したといいます。この女性は後になって、敏治氏が過去に3度も同罪で警察の厄介になっていたことを知ったんだとか」(芸能ライター)

父親・浅田敏治と母親・浅田匡子との出会いはホストクラブ!?

父の職業はNo1ホストで結婚理由はデキ婚だった!?

元NO.1ホストだった浅田敏治

元NO.1ホストだった浅田敏治

逮捕歴以外にも驚くことが判明しています。

浅田敏治さんは18歳からホストとして働き30歳で独立。大阪ではNO.1ホストと言われていました。自分のホストクラブを経営するまでに売れていたんですね。

ちなみに、浅田真央さんの母親、浅田匡子さんはお客さんとして通っていたようです。

そして、いつしかできちゃった結婚…。

国民的なスターの両親は意外な場所で知り合っていたんですね…。

意外な場所で出会った浅田真央さんの両親。

ですが、浅田真央さんが生まれる頃から別居状態がしばらく続いていたとのこと。原因は父親の浅田敏治さんの女性関係のようです。

匡子さんが亡くなってからは浅田真央さんの個人事務所から月に50万円を受け取っていたようですが浅田真央さんが家を出てからは月に8万円まで減らされます。

もともと匡子さんとは長らく別居状態で、ホストクラブや風俗店を経営していたという敏治氏だが、この被害女性の証言によると、匡子さん亡き後は生活費や経費として、浅田の個人事務所から月50万円を受け取っていたという。

色々な悪い話ばかりが出てくる浅田敏治さんですが、浅田真央さんを支えていたのは間違いないようです。

浅田匡子さんは真央さんがこれからどんどん活躍していく時期に亡くなってしまします。遡れば、真央さんが生まれて間もなく別居状態。

父である敏治さんは真央さんのフィギュアの高額なレッスン代を払うために働いたようです。

そんな父親のおかげで世界のトップフィギュアスケーターになれたのは言うまでもありませんね。

父は破産寸前まで姉妹に投資し、消費者金融からお金を借りていた

浅田真央さんが大スターになった影には父親である浅田敏治さんの頑張りもあったからです。

しかしながら、敏治さんの素行がイメージダウンで皮肉なものになっていますね。ネット上でも浅田真央さんの父親である浅田敏治への反応があるようです。

まとめ

トップフィギュアスケーターとして活躍し26歳の若さで引退した浅田真央さん。誰もが知るトップアスリートの父親には驚くべき事実があるようですね。

ともあれ、少し休んだらまた素敵な笑顔で活躍してほしいですね。お疲れ様でした。

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事