村田諒太がアッサン・エンダムに判定負けは八百長?誤審?村田選手のパンチにSE疑惑も?WBA世界ミドル級王座決定

村田諒太がWBA世界ミドル級王座決定でアッサン・エンダムに判定負け!

ダウンを奪ったはずなのに、何故判定で負けたの!?八百長!?

2017年5月20日、有明コロシアムで、プロボクシングWBA世界ミドル級王座決定12回戦が開催され、同級2位の元オリンピック金メダリストの村田諒太選手と、同級1位のアッサン・エンダム選手とのWBA世界ミドル級タイトルマッチが行われました。

試合は、おしくも2-1で村田選手が敗北してしまうものの、その判定に、観客のみならず中継を見ていたネットでも「八百長!?」「判定ミス!?」との声が多数噴出!

中には『試合自体が八百長』という声や『プロボクサーの目では判定結果は妥当』という意見もあり、疑惑の判定結果にネット中が混乱しています。
さらには、村田諒太選手のパンチにだけSEが入っていたという疑惑も!?

そこで『村田諒太VSアッサン・エンダム戦』の試合の様子や、疑惑の判定結果について調べてお伝えします!

序盤は両者様子見で怠い展開

試合序盤は互いに様子見の展開で、やや視聴者にとってはダルい試合展開でした。

スピードと手数で翻弄するエンダム選手に大して、両手でがっちりとガードを固めて、重い一発を見舞う村田選手。

両者の長所を垣間見れるも、互いに決めてに欠けた展開に、観戦者もやや不満げなムード。

4回に村田諒太が右ストレートでダウンを奪い、その後も有利に展開

ダウンを奪った右ストレート動画

第3Rまでのダルめの試合に対して、試合が動いたのは第4R。

村田諒太選手の右ストレートがアッサン・エンダム選手の顔面にヒットし、ついにダウンを奪いました。

強烈右ストレートで、ガードの上からでも相手をのけぞらせる村田選手。
その後も、右ストレート2発や、左フックでの強烈なボディ。

徐々に打ち合いムードになったところで、カウンター気味に撃った村田選手の右ストレートがエンダム選手の顔面を捉えて、この試合で始めてのダウンを奪いました。

その後も有利に試合を運ぶ村田諒太選手

ダウンこそ奪えないが、判定勝ちは確実と誰もが疑わぬ展開

その後も、ガードを固めつつ、プレッシャーを掛けていくスタイルの村田諒太選手は、相手の攻撃を防ぎつつも、適格に相手にヒットし、何度かダウンを奪えそうな場面もありました。

それでも同級1位のエンダム選手は、持ち前のスピードで決定打は受けず、両者決め手に欠けた状態で、全12Rが終了しました。

『村田諒太vsアッサン・エンダム戦』運命の判定

WBA世界ミドル級王座決定戦。

村田諒太選手(帝拳)とアッサン・エンダム選手(フランス)の試合。

気になる判定は、まさかの2-1でで村田選手の判定負け!

ジャッジ3人の採点は111―116、112―115、117―110となっていました。

この判定には、村田諒太はもちろん、会場にいる観客や、解説者も騒然となり、解説者も「判定が理解できない」と仕切りにコメントしていました。

判定の瞬間(動画)

判定の瞬間のTwitterのタイムライン

「は!?」

著者もこの反応でした。

だって確実に村田選手が勝ったと思ってましたから。

解説の山中慎介も絶句し

「判定が全く理解できない」

同じく開設の西岡利晃さんも

「村田の圧勝かと思った。ダウンも取ったし相当パンチが効いていた。村田がガードしていったのを手数として取られた。それしか考えられない」
とコメントしていました。

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事