高畑充希の実家が引くほど金持ち?演技も歌も上手いけどかわいくないし肉食で彼氏多すぎ!

初主演ドラマは朝の連ドラって知っていました?

歌も演技も「朝ドラ」がきっかけでブレイク

ORICON STYLEが発表した「2016年ブレイク女優ランキング」で1位を獲得した高畑さん。昨年最も輝いていた女優さんの1人ですが、その名前が広まったのも、歌がうまいというイメージができたのも実は「朝ドラ」発信だってご存知でしたか?
そんな高畑さんの意外と長い芸能生活を振り返ってみましょう。

子供のころから芸能界に憧れ続けて

大阪から特殊ルートでホリプロへ

高畑さんは大阪出身。ご両親、祖父母ともに舞台鑑賞が好きだったそうで、高畑さんも自然と舞台に興味を持つように。
子役として少し芸能の仕事をしていたようですが、当時の資料は少なく、一般的にデビューはホリプロで、ということになっています。

ホリプロといえば「スカウトキャラバン」。小島瑠璃子さんも、足立梨花さんも、石原さとみさんも、綾瀬はるかさんも、深田恭子さんも、井森みゆきさんも、堀ちえみさんも、榊原郁恵さんもここからデビューしている、いわばホリプロ所属の人気女優の王道と言えるルートです。

しかし、高畑さんは別のルートでホリプロへ。
どんな経緯でホリプロに所属したのか見ていきたいと思います。

高畑 充希(たかはた みつき、1991年12月14日 – )は、日本の女優・歌手である。歌手活動は一部の参加作品を除き、みつきまたは「高畑充希」名義[注 1]。
大阪府東大阪市出身[1]。所属事務所はホリプロ。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。2014年10月、公式ファンクラブ「MIKKAI」がスタート。

基本情報

・本名    :未公表
・生年月日  :1991年12月14日
・血液型   :AB型
・年齢    :25歳   (2017年1月現在)
・出身地   :大阪府
・身長    :158cm
・所属事務所 :ホリプロ

オーディションで9621人の頂点に

高畑さんのデビューはオーディションです。とはいえ前述の通り「スカウトキャラバン」ではありません。
ホリプロが2005年に、創立45周年を記念して開催した「山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 ~屋上の天使」のオーディションに参加。
9,621人の応募者から主役に選ばれて女優としてデビューすることになりました。

しかし、高畑さん。このオーディションの前にも相当数のオーディションを受けていたそうで、ことごとく落ちていたそうです。
今の活躍からは想像もつきませんが、子供のころから女優に憧れて、その夢を諦めなかった結果が今に繋がっているんですね。

ファッションからスタイルを考察

高畑さんのファッションの特徴は、体のラインが出にくい衣装。さらに突っ込むと、裾の広がったスカート姿が目立ちます。
このファッションの意味するものは?

はい。ほぼ間違いなく「スタイルに自信がない」ということでしょう。
いろいろな画像や映像を確認しましたが、カップ数やサイズを推測できるシーンはナシ。
それでもガッツでスタイルを推測してみましょう。

バストは恐らくAカップ。いくら目立たない衣装とはいえ目立たな過ぎです。
ウエストはくびれに自信がない幼児体型と想定すれば63cm程度でしょうか。
衣装的に一番気にしていそうなのがヒップ。恐らく大きいのでしょう。85cmといったところでしょう。

勝手に推測した結果、B78・W63・H85のAカップ。
一般人であれば、細くてナイスなプロポーションですが、スタイルお化けが跋扈する芸能界ではやや寂しいスタイルといったところでしょう。

身長と体重のバランスは◎

隣の綾野剛さんの身長は180cm

身長は公式には未発表ですが、過去の新聞記事には158cmとあります。綾野さんとの身長差からも事実と考えていいでしょう。

見ている限り身長と体重のバランスは良さそう。
太くも細くもなくという印象ですので、身長158cmに対して体重は45kgといったところでしょう。

本名の確定情報はナシ

公式には本名は非公開です。どこにも本名であるとも芸名であるとも公表していません。
ネット上では「本名」ということになっていますが、どれも根拠はイマイチ不確定。

一応ここでは「本名不明」とさせていただきます。

育ちのいい社長令嬢

高畑さんは一人っ子。お父さんは東大阪で会社を経営しているそうです。
会社名に関しては、「株式会社 高畑」という会社が東大阪にあり、ここではないかという予想が多く散見されます。
ただしこれも確定情報はナシ。
もしこの会社が実家ということになれば、相当なお金持ちのはずです。

ただ、高畑さんの持つ凛とした佇まいは、そんな育ちの良さの表れかもしれませんね。

近年ドラマや映画にも積極的に進出

ホリプロ伝統のミュージカルで長年主演を務める

ホリプロのミュージカルといえばやはり『ピーターパン』。高畑さんはこのピーターパン役を2007年から6年間務めあげました。
後のインタビューで、高畑さんのお母さんは「あなたにぴったり」と言っていたとか。高畑さんは活発な少女時代を送っていたようですね。

歌声も評判になった『ごちそうさん』

「蘇州夜曲」 – YouTube

高畑さんの顔と名前が一躍全国区になったのが2013年下半期の朝ドラ『ごちそうさん』。主演である杏さん演じる「め以子」の義妹を演じました。
劇中で歌を歌うシーンが数度あり、その時の歌声が素晴らしいと話題に。ここまで舞台を中心に経験を積んできた結果、一気にブレイクを引き寄せることになります。

初主演映画でキスシーンも

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』予告90秒 – YouTube

高畑さんにとって初主演映画となったのが2016年公開の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』。
EXILEの岩田剛典さんとの一風変わったラブストーリーでした。

劇中ではキスシーンもあり、ピーターパン時代を知る古いファンは感慨深かったので?

恋多き女の熱愛カレンダー

共演した若手イケメン俳優と

高畑さんの初ロマンスは2015年7月。イケメン俳優の千葉雄大さんと、焼肉デートしているところを写真週刊誌に撮られました。
高畑さんと千葉さんは2014年公開の映画『アオハライド』で共演経験があります。

写真誌発売後、双方の事務所からは、交際を否定するコメントが出ました。
個室でもない席であることも考えると、友人関係と言われればそう見えますね。

ただ、芸能人の友人同士がこうした写真を撮られる場合、結構“話題作り”の側面があるケースが目立ちます。
そう思って調べましたが、2015年7~9月期のドラマ出演は双方ナシ。近々に出演映画が公開される予定も見当たりませんでした。

つまり、この写真が撮られた当時、この2人には宣伝すべき材料がなかったワケで。
意外と真剣交際だった可能性も否定できませんね。

あこがれのミュージシャンと

初ロマンスから半年後、続いての熱愛報道は2016年1月。ミュージシャンの高橋優さんと焼き鳥屋さんでデートしているところを撮られています。
2人の交流を探すと、2010年に高畑さんが出演したドラマ『Q10』で、主題歌を担当したのが高橋さんというポイントはありました。

ただし、ドラマ出演者と主題歌担当歌手に、直接出会う接点はないような。
しかも高畑さんが主演というわけではありませんから尚更です。

いろいろ調べてみると、高畑さんはブログで高橋さんのファンであることを広言しています。
しかも高畑さんは長く音楽活動をしており、音楽業界に人脈もある。そうなると高橋さんと出会うこと自体は難しくなさそうです。

さらに当時の状況は、高畑さんが主演を務めていたドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が放映中で、3ヶ月後には朝ドラ『とと姉ちゃん』が始まるという絶妙のタイミング。

高畑さんには宣伝すべき材料が多数あったことは間違いありません。
そのタイミングで、焼き鳥屋のカウンター席で……これはどうにもビジネスの香りがしますね。

突然湧いて出た“塩顔イケメン”との密会報道

高畑さんと坂口さんの熱愛が報じられたのが2016年11月末。高畑さんが坂口さんの住むマンションに入る姿を撮られています。

高畑さんと坂口さんは2016年、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『とと姉ちゃん』で立て続けに共演をしており、プライベートで付き合いがあってもおかしくない関係です。

しかし、この2人にはいくつか「話題作り」をしたい事情があったのも確かです。
坂口さんはこの報道当時、出演していた映画『オケ老人!』の上演期間。さらに出演舞台『かもめ』が公演中でした。高畑さんに関しては、主演映画『アスミハルコは行方不明』の公開直前です。どちらも宣伝材料はあったということになります。

『いつ恋』撮影時から、主要キャスト6名の仲の良さは評判でした。そう考えると、双方の利害関係が一致した話題づくりだった可能性もありますね。

一番信憑性が高いのは?

これまで3度も写真を撮られている「うっかり美女」の高畑さん。当時の状況を考えると、千葉さんとのツーショットが一番信憑性が高そうです。
と、いうより他の2回は、「話題づくり」的な観点から見るとタイミングが良すぎます。

もしそうではなくすべて本気の熱愛だとしたら?
高畑さんは無防備としかいいようがありませんね(笑)。
高橋さんとはカウンターで飲んじゃうし、坂口さんのマンションに行くのにマスクもしてないし。
どっちも「撮ってください。高畑です」臭がすごいですよね(笑)。
とってもオープンな肉食女子なのか、マスコミを使って宣伝する策士なのか?
高畑さんの性格を探っていきたいと思います。

将来は“大阪のオバチャン”になるのか?

男を誘惑し続ける肉食系女子代表

ベビーフェイスのイケメン、素朴系年上ミュージシャン、塩顔同級生イケメンと、まったくタイプの違う3人と写真を撮られている高畑さん。
この事実を正直にとらえれば、超肉食系女子ということになります。
そもそも高畑さんは大阪出身。勝手なイメージですが、関西の女性はどちらかといえば積極的なタイプが多く、肉食女子生息率も他地域より多い印象があります。
高畑さんもそのイメージ通り、自ら積極的に狩りを行うタイプなのかもしれません。ブログや周囲の業界人のコメントを見ても、人付き合いは得意なタイプのようですしね。

こうなると今後も彼女の言動には要注目。これからもどんどん楽しい話題を提供してくれるかもしれません。

単に少年っぽい性格との噂も

高畑さんには「少年っぽい性格」「男っぽい性格」という証言も多数あります。
ピーターパン時代から親交のある古田新太さんは、「ミスしても動じない。ベテランのおっさんみたい」といい、プライベートでも仲のいい有村架純さんは「メールに絵文字がなくておじさんっぽい」「竹を割ったような性格で男の子っぽい」などとも言っています。

竹を割ったようなさっぱりした性格。
実はこのタイプって、恋愛経験が多いタイプだったりします。

やっぱり高畑さんは、恋多き女になる宿命を背負っているようです。
と、同時にウジウジしないところはいかにも大阪人。

将来はアニマル柄が似合う、大阪のおばちゃんに進化する可能性も秘めていますね。

そんな彼女を育んだ教育環境は?

私立四天王寺中学校 卒業

高畑さんの出身中学は、大阪でも有数の進学校である私立四天王寺中学。中高一貫校で偏差値は65以上と相当なレベルです。
高畑さんがこの学校に入学した理由が、「オーディションに落ち続けていたから」だそうです。

小学校時代からいろいろなオーディションを受け続け、そして落ち続けていた高畑さん。そんな高畑さんにご両親は、「オーディションで芸能界に入れないのであれば、早稲田大学の演劇研究会を目指せ」と進言したそうです。
そのため小学生の高畑さんは猛勉強。結果この進学校に進学したそうです。

四天王寺学園中[一貫]65

法政大学 卒業

14歳でデビューした高畑さんは、高校から都内の学校に通ったそうです。しかし、出身高校の情報はなし。サイトによって堀越だったり、八雲学園だったりといろいろな名前が上がっていますが、どれも確証はありません。

高校卒業後は法政大学に進学。結局同じ六大学でも、早稲田ではなく法政に進んだんですね。
大学時代は写真サークルにも所属し、合宿に行ったり、野球部の応援に行ったりと、大学生活を満喫したようです。
しかし大学時代といえば、すでにドラマ出演も果たしていた頃。周囲は驚いたでしょうね。

さらに卒業論文を作成していたのが、ちょうど朝ドラ『ごちそうさん』の撮影当時。
撮影中に論文をメールで送ったりと、なかなか大変だったようですが、無事卒業されたそうです。

せっかくの入学式だし、目立ってやろうじゃないか、友達いっぱい作ってやろうじゃないかビックリマークと、ポジティブに家を出た高畑親子でしたが、隠れ人見知りのワタシは誰にも声掛ける事が出来ず…、最悪の初日でした

希子の女学生の扮装(ふんそう)のまま、スタジオ収録の合間にパソコンから卒論を送っている姿には驚愕(きょうがく)しましたが…。

高畑充希は美人かブサイクか?

高畑さんに関しては、ネット上でも「美人」「ブサイク」と意見が分かれています。
分かれているならここでハッキリさせましょう。

おまけで、整形検証、すっぴん検証もしてしまいましょう。

年齢別に一気に紹介

2005年(14歳)

2005年(14歳)

デビュー直後

2007年(16歳)

2007年(16歳)

映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』当時。

2010年(19歳)

2010年(19歳)

ドラマ『Q10』当時。

2012年(21歳)

2012年(21歳)

舞台『コーヒープリンス1号店』当時。

2014年(23歳)

2014年(23歳)

映画『アオハライド』当時。

2016(25歳)

2016(25歳)

ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』当時。

すっぴん

すっぴん

ピーターパンを演じていたのが2012年までなので、そこまでは夏場はショートヘアでした。こうして並べてみると、髪形以外あまり変化は感じませんね。
デビュー当時から一気にすっぴん写真に飛べば、顔も細くなって、目も大きくなった印象ですが、この間11年。しかも14~25歳と、女の子から女性に変わるタイミングですから、この程度の変化はあって当然という印象です。

それでも穿った見方をして、仮に整形をしているとすれば目と顎のラインでしょうか?
目はパッチリと大きくなり、顎のラインがシャープになっています。
そしてその整形は、高畑さんの成長に合わせて非常に巧妙に行っているとしか考えられません。1~2年で極端に変わったところが見当たりませんからね。

こういうことをするからブサイクと言われるんでしょう

芸能界最醜会派「ブス会」

ドラマ『Q10』で共演した柄本時生さん、池松壮太さん、前田敦子さんとの4人で結成した「ブス会」。たびたび集合して友好を深めているとか。
この会の始まりは、柄本さんはフラれたことから。「誰に」ってそれが「高畑さんに」というから驚きです。

証言を集めると、柄本さんが高畑さんを好きになり、友人の池松さんを誘って食事会を開催したとか。
この食事会で、柄本さんは高畑さんに告白するつもりでしたが、結局勇気がでずに解散。
これを観た池松さんが、「お前いい加減にしろ!」と柄本さんを叱咤し、柄本さんは一念発起。食事会から帰った高畑さんに電話をし、告白をしたそうです。ちなみにこの電話告白が早朝6時。柄本さんと池松さんは渋谷のモヤイ像あたりにいたそうです。

で、玉砕(笑)。

しかし、これが原因で縁がなくなるのを嫌った高畑さんが、友達として仲良くしようと懇願。結果ブス会が結成されたそうです。

ブスでもないのにブス会とか言うから…

しかしブス会の4人、そんなにブサイクですかね(柄本さん以外)?
高畑さんはご覧の通り美人ですし、前田さんはやや顔のパーツがセンターに寄っていて、顔面に余白も目立ちますが美人ですし、池松さんもややアゴがヤル気を出して前に出ていますがイケメンですし(柄本さん以外)。

そんなにブサイクでもないのに(柄本さん以外)、「私たちブサイクです」と言いつつ、やたら熱愛報道が多いのが高畑さんの問題点。
そういうことをするから、世間の女性から「いろいろなイケメンにチヤホヤされるほど美人じゃないくせに!」と思われて、結果「ブサイク」と言われるようになるんでしょう。

※柄本さんなんかゴメンナサイ。

見分けがつかないという人も?

プライベートでも仲良し

高畑さんと仲がいい女優さんが映画『女子ーズ』、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で共演している有村架純さん。
確かに2人で写っている画像を見ると、イメージは似ていますね。

さらにこの2人は大阪出身ということもあり、『女子ーズ』の頃からのお付き合いだそうです。

業界の重鎮が絶賛する表現力

映画『女子ーズ』 福田雄一監督

『女子ーズ』に高畑さんを起用した福田監督は、「これから必ず来る女優」と高畑さんを高評価。
作品ないでも高畑さんにはひとつ“ツッコミ役”というハードルを設けるなど、演技力を高く評価しています。

ミッキー(高畑充希)は以前、舞台をやった時に笑いに関して鍛えたので今回は押さえとしてツッコミ役に据えたんです

映画『アオハライド』 三木孝浩監督

『アオハライド』撮影前に高畑さんの舞台を観劇した三木監督は、高畑さんを「ナチュラルボーン女優」と絶賛。
『アオハライド』でも重要なポジションに高畑さんを配役しています。

元宝塚歌劇団 女優・黒木瞳さん

大河ドラマで共演経験のある黒木瞳さんは、高畑さんのを「ミュージカル界を背負う逸材」と高い評価。もともと宝塚歌劇団で、ミュージカルを演じてきた大物女優が、ここまで絶賛する演技力、歌唱力、表現力は25歳とは思えないレベルのようです。

女優・黒木瞳からも「歌声の力強さ、清らかさが素晴らしくて度肝を抜かれました。その潜在能力の高さはまさにミュージカル界を背負っていかれる逸材」

次世代ミュージカルスターは恋愛も劇的に

子供の頃から演劇に憧れ、女優に憧れながら、何度も何度もオーディションに落ちた苦労人。
それでも夢を諦めず、やっと手にした舞台で結果を残してミュージカル界のスターに。
その勢いのままドラマや映画でも存在感を示し、今や日本映像界に欠かせない女優となった高畑さん。

努力家で、挫けない心を持つ素敵な女優さんであることは間違いありません。

その一方で、サバサバした性格で、熱愛報道にも動じない度胸の持ち主。
これまでも数々の熱愛報道がありましたが、この性格のままだとこれからもいろいろな報道が出そうです。

2017年も高畑さんの演技と歌と恋愛から、目が離せない1年になりそうです。

この記事で調べた芸能人

こちらからコメントの記入が行えます

*

ピックアップ記事