ドクターX・米倉涼子は「私、失敗しないので」でも旦那選びと結婚は失敗して離婚…離婚後の初仕事は『CHICAGO』

ドクターX・米倉涼子も結婚は失敗した…

ドクターXで人気を博した女優・米倉涼子さん。

米倉さん演じる外科医・大門未知子の「私、失敗しないので」のキメ台詞は印象的ですが、手術は失敗しなくても、残念ながら結婚と男選びは失敗してしまったようで、モラハラで悩んだ末に離婚が成立。

というわけで、米倉涼子さんについてデビューから女優としての歩み、結婚の経緯や離婚の原因などを調べてみました。

離婚後初仕事はブロードウェイの『CHICAGO』

女優の米倉涼子さんが、ミュージカルの本場ニューヨークのブロードウェイ・アンバサダー劇場で「CHICAGO」に主演。

出演期間は2017年7月3日〜13日。米倉さんは2012年に「CHICAGO」でブロードウェイデビューを果たし、今回は5年ぶりの再演となります。

米倉さんと言えば、2016年の12月30日に協議離婚が成立した事が話題となっていますが「CHICAGO」が離婚後初の仕事になる予定だそうです。

今や、日本で名前を知らない人はいないほどの知名度を持つ「米倉涼子」さんのプロフィールや今後活動、気になる元旦那様についてご紹介します。

米倉涼子プロフィール

生年月日 1975年8月1日生まれ
血液型 B型
出身地 神奈川県横浜市
学歴 神奈川県立旭高等学校卒業

クラシックバレエに熱中した幼少時代

5歳から15年間クラシックバレエを習っていた米倉さん。草刈民代さんや逸見智彦さんなど多くの有名ダンサーを輩出している「牧亜佐美バレエ団」のジュニアスクールに小学校3年生から通っていたそうです。その後もコンクールに出場するなど、かなり本格的にクラッシックバレエを習っていたようですね。今も40歳を越えたとはとても思えない抜群のスタイルですが、あの美しさはバレエによって培われたのでしょうか。

友達がコンテストに応募して芸能界デビュー!

高校生の時に、友達が米倉さんをコンテストに応募。そのコンテストと言うのがなんと第6回全日本国民的美少女コンテスト!このコンテストで審査員特別賞を受賞した事がきっかけで、米倉さんは翌年モデルとして華々しく芸能界デビューを果たしました。そして、人気女性ファッション雑誌「CanCam」の専属モデルなどを務めました。

米倉涼子、女優宣言

1999年6月30日「女優宣言」を発表した米倉さん。その後は、トレンディードラマを中心に活動していました。クールでカッコイイ女の役を演じる事が多く、そのイメージが強いです。2012年10月から放送の「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」では主役の天才外科医大門未知子を熱演していて,最高視聴率27.4%を記録する大人気シリーズとなっています。「私、失敗しませんから」とクールに言い放ち、数々の難しい手術を成功させる大門未知子がとてもかっこいいですよね!

米倉涼子さんの素顔

カッコイイ女性の代表のような米倉さんですが、本当は「人見知りで姉御肌というより甘えっ子」だと近しい方は語っています。バラエティーなどに出演している米倉涼子さんを見ると、明るくさっぱりした好印象を持ちます。とてもパワフルで魅力ある女性ですよね。

ミュージカル女優の挑戦

米倉さんはブロードウェイで「CHICAGO」を鑑賞し、この作品にすっかり魅了されたそうです。そして、自らを売り込んで2008年の日本版CHICAGOで主役を勝ち取りました。
日本公演でその実力を見せつけた米倉さんは、2012年7月にはなんとブロードウェイで主人公ロキシー・ハート役を演じました。この時、アジアの俳優が米国人役で主役を演じるのは史上初でした。また、ナンシー梅田さん以来54年ぶり史上2人目となる日本人女優のブロードウェイ主演となりました!

その後、NYと同じく全編英語で演じた東京凱旋公演も大好評のうちに幕を閉じました。
そして、今年の7月、5年ぶりにブロードウェイで同じく主人公のロキシー・ハートを演じる事が決定しました。日本公演は8月2日〜13日に東京・東急シアターオーブで行われるそうです。今からとても楽しみですね!

女優の米倉涼子(41)が、5年ぶりに米ブロードウェーでミュージカル「シカゴ」に主演することが決まった。7月3日から13日に、前回と同じ老舗のアンバサダー劇場で上演する。

 12年7月、英語とダンスの猛特訓の末にブロードウェーデビューを果たし、ナンシー梅木さん以来54年ぶりの日本人女優の主演で大きな注目を浴びた。公演後にはミュージカルの本場でのさらなる活躍に「I hope(そうなるといい)」と意欲を見せ、プロデューサーのバリー・ワイズラー氏も「いつでも戻ってきて」とラブコールを送り続けてきた。昨年11月、「シカゴ」リバイバル版が上演20周年を迎え、同氏が記念イヤーにふさわしいキャストとして正式にオファーし、カムバック公演が決定した。

 不倫相手を殺害した罪で起訴されたが、弁護士やメディアを利用してスターの座をつかもうとするロキシー・ハート役。02年に初めてブロードウェーで同作を見て夢中になり、08年と10年の日本版で主演した。再演に向けて既にトレーニングなどは始めており、4月頃から本格的に歌やダンス、英語のレッスンを開始。6月に渡米予定で、舞台での稽古を経て本番に臨む。「5年というブランクに不安もありますが、それ以上にロキシーをもう一度演じることのできる喜びで胸がいっぱいです」と大喜びだ。

 私生活では昨年末に2歳年下の会社経営の夫と離婚、心機一転し新年を迎えた。大舞台への再挑戦に「年を重ねたことでまた違った世界観を表現できるのではないかと今から楽しみです。自分にも悔いのないよう全力で挑みます」と張り切っている。ブロードウェー公演後、8月2日から13日に東京・渋谷の東急シアターオーブで公演する。

5年ぶりのブロードウェイ!

米倉涼子さんと「元」旦那様の出会い

お二人が出会ったのは2011年の冬。場所は米倉さんの行きつけのバー。イケメンで高身長な彼に一目ぼれした米倉さんが、自ら彼の近くの席に移動したそうです。さすが米倉さん、積極的ですね!米倉さんに声をかけられて嬉しくない男性なんていないでしょう。しかし、彼は大物女優に話しかけられても全く動じなかったそうです。
彼はリクルートの契約社員で入社後にトップ営業マンになった超がつく程のエリート。2012年に独立して、今では年商2億円にまで成長しているそうです。
しかし、独立当初は資金がなかった事から、同居生活をして米倉さんが彼を支えていました。

元旦那様のモラハラ疑惑で離婚

二人が付き合い始めてから、米倉さんがそれまでの友達と距離を取るようになったそうです。彼は米倉さんの性格や洋服など全否定して、行動の制限も強いていたといいます。また、門限を決めて命令したり、気に入らない事があると激怒したり、ある時は一晩中5時間も正座で説教されたそうです。
結婚したら変わってくれると思って賭けに出たのでしょうが、彼の行動は相変わらずだったようです。入籍してから5日後の大晦日に酔った旦那様が米倉涼子さんの首を締めるという出来事があったといいます。
歪んだ関係は長くは続かず、その年の2月に新居を飛び出した米倉さんはホテル暮らしをしていたそうです。
そして、長い時間をかけて2016年12月30日にようやく協議離婚が成立しました。1年9ヶ月も離婚問題に悩まされた米倉さんは、やっと問題から解放されました。本当に良かったですね。

「私、失敗しませんから」でも結婚は失敗…

「私失敗しませんから」の台詞が印象的な米倉さんですが、結婚相手選びは失敗してしまったようです。しかし協議離婚も成立した今、女優業はとても順調です!代表作と言ってもいい「ドクターX」のシーズン4も平均視聴率20%越えの高視聴率でした。7月にはブロードウェイミュージカル主演を控えていますし、米倉涼子さんの益々の活躍を期待したいです!

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事