アンガールズ・田中卓志の貯金額は1億?広島大学出身で学歴もナニのデカさもすごかった!

アンガールズ・田中卓志は結構貯金があるらしい

多くのバラエティー番組に出演し、その「キモさ」をふんだんに披露しているお笑い芸人アンガールズの「田中卓志」さん。最近では「独身貴族」としても有名で、貯金もたくさんたまっているとのこと。しかも田中さんの学歴や趣味もすごいと話題に!気になりますよね!
そこで今回はその「キモさ」で一世を風靡しているアンガールズの「田中卓志」さんについてご紹介します!

田中卓志のプロフィール

本名 田中卓志
生年月日 1976年2月8日 40歳
出身地 広島県
最終学歴 広島大学工学部第四類
相方 山根良顕
事務所 ワタナベエンターテインメント
身長 188センチ
体重 64キロ

田中卓志の経歴

出身大学は広島大学工学部第四類

広島県立世羅高校を卒業した田中さんは1年間の浪人を経て「広島大学工学部第四類」に入学します。広島大学と言えば日本の国公立のなかでも有名な大学です。入学するためには相当な学力が必要だと思いますね。結構意外な学歴です。

卒業後は同大学の大学院にも合格していましたがそれをおしきって芸能界の道を歩み始めます。
相方の山根さんとは大学のサークルをきっかけに仲が良くなったとのこと。山根さんはそのときの事を振り返り田中さんの事を「俺と似たやつがいるな・・・」と思ったそうです。

逆に田中さんは山根さんを「気持ち悪いやつ」というようにおもっていたとか・・・笑
面白いエピソードですよね!

上京当初は、田中さんと山根さんは違うコンビで活動をしていましたが、どちらも解散。2000年9月に田中さんと山根さんがコンビを組んでお笑い芸人「アンガールズ」が誕生しました。

過去の芸能活動

お笑い芸人「爆笑問題」が司会を務めた人気バラエティー番組「爆笑問題のバク天!」では、「恐怖のバク天芸人」としてアンガールズが出演しました。
この企画は「1分間審査員に飽きられなければ放送する」というもので、アンガールズは初めて1分間やり切った芸人として話題となります。
その後、この「バク天」のレギュラーを勝ち取り、当時中高生から絶大なる支持があった「エンタの神様」にも出演。「キモカワ芸人」として一躍有名になりました。

アンガールズの芸風

アンガールズの芸風は主に「脱力ネタ」です。
長身で細身の体から繰り出されるネタはだいたいぐだぐだな感じで気持ちが悪い。でもそれがファンにはたまらなく、中には「かわいい・・・」と思っちゃう方も多いそうです。
ちなみに田中さんはツッコミ担当です。山根さんのとぼけた発言に対して田中さんがツッコむという芸風ですが、田中さんもボケですよね笑?

最近では田中さんがテレビ番組のゲストで呼ばれると、会場からは拍手というよりも悲鳴が聞こえるほど笑・・・それに対して長い手をぶらぶらさせて「なんだよ〜」とツッコむ場面もあります。
田中さんがツッコんだ後も会場から悲鳴が聞こえるので田中さんはもうやる気のない表情をします。でも番組では巧みなトークや面白トークを展開して、お客さんを笑わせます。

24時間テレビでマラソンランナーに!

2006年には「24時間テレビ」のマラソンランナーにも選出。複数人でのランナーは1994年の「ダチョウ倶楽部」さん以来で、芸人としては「山田花子」さん以来でした。そんな中、マラソン前の下馬評では、「完走は無理だ!」という意見が多数寄せられました。
しかし、田中さん、山根さんの意地の走りにより無事完走。番組史上初めてランナーと一緒に「サライ」を歌う事ができました!

紅白歌合戦にも出場?

2008年には第59回NHK紅白歌合戦にも出場しています。
当時話題だった人気クイズ番組「ヘキサゴン」で結成されたユニット「羞恥心」の応援にアンガールズさんの二人が駆けつけました。
しかもアンガールズさんが出演したときの視聴率はこの年の紅白の瞬間最高視聴率を記録。思わぬ形でアンガールズさんは記録を残しました笑

アンガールズ田中の貯金は一億?

田中さんは現在独身、しかし仕事やプライベートも充実していて、ほかの芸人の方から慕われています。そんな田中さんの貯金は「一億」とも言われています

お笑いコンビ・アンガールズが11日、大阪・万博記念公園で行われたMBSラジオの公開放送イベント「アッパレ オレたちゴチャ祭り」に出演。田中卓志(40)が来年には貯蓄が1億円に到達する見込みであることを告白し「誰か結婚してくれや!いいかげんよお!」「顔さえガマンすれば天下とったようなもんだぞ」と訴えた。

 田中は昨年の同イベントで、飲み歩かずに飲食チェーン「なか卯」に通う生活を送り、貯蓄が7~8000万円あることを明かしていた。この日、共演のTKOや、ケンドーコバヤシから、そろそろ1億到達かと突っ込まれると「超えてない、超えてんあっ…」と動揺してカミまくりながらも「1億はもう1年くらいたてば、いくかもしれない」と告白した。

 「ここ(のイベント)すげえネットニュースになるから。去年もここなら大丈夫だと思ったのに」とぼやきつつ、「誰か結婚してくれや!いいかげんよお!」と叫んだ。

 悲願の結婚のため「次、付き合う女の人に(貯蓄を)使う!」と宣言するも「3分の1だけ。逃げられたら怖いから」と宣言。これに周囲から中途半端と突っ込まれると「じゃあ、半分!」と思い切っていた。

 高身長、高学歴、高収入の「3高」ながら“キモいキャラ”から脱却できずにいる田中。「裏(私生活)では俺、ホントにすごいんだぞ」と紅茶や乗馬などセレブな特技を持っていることをアピールするも、共演した河北麻友子から「裏でも気持ち悪いですよ」とダメ出しされると、田中は「分かってない。顔だけガマンすればさあ、あなた天下とったようなもんだよ!」と反論していた。

「田中卓志」、アリゲーターガーを食べる?

何もかもが恵まれている田中さんですが、フジテレビで放送されたバラエティー番組「有吉弘行のダレトク!?」では「アリゲーターガー」を食べたそうです。

18日放送の「有吉弘行のダレトク!? よる10時放送で大丈夫か?SP」(フジテレビ系)で、アンガールズの田中卓志が、タレントに危険を丸投げしている番組ロケの内情を暴露した。

番組では、「キモうまグルメ IN THE WORLD」と題し、田中がアメリカで巨大淡水魚のアリゲーターガーや、ガラガラヘビを捕獲して食べるというロケに挑んだ。

危険なロケのVTR映像の後、スタジオではゲストの高橋克典が「よく生きて帰ってきてるよね?」と田中に声をかけた。すると、アシスタントの高橋真麻は「スタッフさんが事前に下見とか味見とかしてるワケですよね?」と田中に尋ねた。

この質問に田中は「いや!違うの!」「スタッフさんが、下見で先に食べてると思うでしょ?違うの!」「全部のロケ、オレが最初のファーストバック!」「そんなことある!? タレントが」と、ロケの舞台裏を暴露したのだ。

アンタッチャブルの山崎弘也も「ロケハンみたいのはないの?」と驚いた様子で尋ねる。田中は「(スタッフは)味チェックとか毒見とかしてないの!」「オレが食べて、安全だとみてスタッフさんが寄ってきて、食べはじめる」と、自らが危険な毒見役になっていることを明かし、笑いを誘っていた。

まとめ

今回はアンガールズ「田中卓志」さんについてご紹介しました。最近では独身貴族として有名な田中さんですが、毒蜘蛛「タランチュラ」を食べるなど、まだまだ体を張ったお仕事をしています。今後も田中さんの活躍には期待ですね!

こちらからコメントの記入が行えます

*
*
* (公開されません)

ピックアップ記事